DSP(Demand-Side Platform)とは

更新日:
DSP(Demand-Side Platform)とは

DSPとは

DSP(Demand-Side Platform)とは、広告主が広告効果の最適化を行うためのプラットフォームです。

DSPは広告枠の購入や広告配信、クリエイティブ分析を自動で行い、最適化を行います。

\疑問や不明点はお気軽にご相談ください!/

DSPの仕組み

1.ユーザーが広告枠のあるウェブサイトを訪問すると、SSPから各DSPへ広告配信枠があることを通知します。
2.訪問したユーザーの情報として、属性情報(性別、年齢等)を提供します。
3.各DSPはSSPに対して広告配信枠を巡り入札を行います。
4.SSPは、最高額で入札したDSPの広告を配信します。

DSPのメリット・デメリット

メリット

広告運用担当者の手間を大幅に削減することができます。他のプラットフォームに比べて、DSPは入稿や入札を行うだけで複数の媒体に大量に出稿することができます。

また、特定属性のユーザーに対して広告を配信することで、広告の効果を向上することができます。

デメリット

広告費以外に初期費用や手数料が発生します。また、DSP会社によっては配信先が明示されない場合があります。

加えて、DSPは最適化を自動で行いますが、最適化の結果が思わしくないこともあり得ます。

特にキャンペーンなどの開始直後や、外的要因によりKPIが変化するタイミングでは、安定した広告効果が得られないこともあります。そのため配信結果に異常が見られないか、定期的にKPIをチェックする必要があります。

まとめ

DSPは、広告主側が広告効果の最適化を目指すためのプラットフォームです。

DSPは入稿や入札を行うだけで複数出稿するなど、広告配信を効率化する技術ですが、広告費以外に初期費用や手数料が発生します。そして、定期的に効果を見直す必要があります。

マーケティングでお悩みの方へ

ナイルでは皆様からWebマーケティングに関する無料相談を受け付けております。日頃疑問に思っていたことや、貴社サイトの課題など相談してみませんか?

まずは会社案内をダウンロード

無料相談に申し込む

編集者情報

大澤 心咲
大澤 心咲
新卒でアクセンチュア株式会社を経て、2018年ナイル入社。
コンサルタントとして大手企業SEO戦略策定・コンテンツマーケティング支援を担当。
現在はナイルのマーケティングとセールスの統括マネージャーとして従事。
著書:「ひとりマーケター成果を出す仕事術

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

SEOとリスティング広告との違い

SEOとリスティング広告の違いとは?共通点とメリット・デメリット

リスティング広告 やり方 始め方

もう悩まない!リスティング広告のやり方・始め方完全ガイド

ペイドメディアとは?

【基本】ペイドメディアとは?3つの種類と上手に活用するポイントを紹介

新着記事

下層ページはSEO対策が必要 メリット、対策方法を詳しく解説

下層ページはSEO対策が必要!メリット、対策方法を詳しく解説

【初心者向け】オンページSEOとは?SEO対策との違いや対策方法を詳しく解説

【初心者向け】オンページSEOとは?SEO対策との違いや対策方法を詳しく解説!

SEO対策における検索ボリュームの目安は?対策方法や調べ方を解説

SEO対策における検索ボリュームの目安は?対策方法や調べ方を解説

サイト内検索

目次に戻る

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。