チャットボット15社を徹底比較!課題解決に応じたツールを選択する

チャットボット15社を徹底比較!課題解決に応じたツールを選択する

数あるチャットボットの中から、自社の課題解決に適したものを見つけたい場合は、それぞれのチャットボットの特徴をつかむことが大事です。

今回は、15社のチャットボットを導入目的別に分類して、各特徴を紹介していきます。ぜひチャットボットを導入するときの参考にしてみてください。

チャットボットの導入目的を2タイプに分類

さまざまなチャットボットから自社に合ったツールを導入するには、導入の効果や目的を明確化することが大切です。チャットボットの導入目的は大きく分けて「問い合わせ対応の効率化」「CVR向上による売上アップ」の2つに分類できますので、それぞれ確認していきましょう。

チャットボット 比較 サービス

問い合わせ対応の効率化

チャットボットは、企業内のさまざまな問い合わせ業務で活躍しています。コールセンターでの顧客対応、従業員からの社内問い合わせなどで、チャットボットが活用されています。チャットボットにより、業務を機械化することで、生産性の向上が狙えます。

CVR向上による売上アップ​​

チャットボット導入の目的には、CVR(コンバージョン率 )の向上があります。CVRとは、ウェブサイトにアクセスした人のうち、商品の購入や資料請求などのアクションに至った割合を指します。

チャットボットを導入すると、ウェブ上で24時間365日、接客が可能になります。チャットボットを通していつでも気軽に問い合わせできることは、企業側と顧客側の接点を生むだけでなく、顧客の離脱防止やニーズのヒアリングにもつながります。さらに、問い合わせに対する回答の満足度によって、自社のコンバージョンがアップする機会が増加します。

チャットボットの比較ポイント

チャットボットの比較ポイントは大きく5つに分けることができます。

チャットボット 比較 サービス

AI型かシナリオ型か

チャットボットには、パターン化した問い合わせを登録できる「シナリオ型」と、学習機能により幅広い質問に対応できる「AI型」があります。

シナリオ型とAI型の違いは、導入コストと導入後における定着までの時間です。AI型の場合、高額ではあるものの学習を重ねることで、高度な質問にも答えることができるようになります。一方でシナリオ型は、AI型と比べてコストを抑えることができ、FAQなどのパターン化された質問データがあれば、短時間で導入可能です。

 

導入コスト
導入にかかる時間
主な対象
特徴
シナリオ型
低い
FAQがあれば短時間で可能
顧客向け
  • AI非搭載
  • シナリオに沿った内容なら対応可能
  • ITの知識がなくても導入可能
AI型
高い
定着までに時間がかかる
社内向け
  • AI搭載
  • 専門性が高く複雑な質問に対応可能
  • 導入にはITの知識が必要

自社の課題を解決できる​​か

チャットボットを導入する場合は、自社の課題を洗い出すことが重要です。チャットボットは、提供する会社によってサービスの内容が異なります。それぞれのチャットボットのサービス内容が、自社の課題解決にどれだけ適しているかを吟味する必要があります。

費用はどれくらいかかるか

チャットボットを導入する費用をあらかじめ見積もっておくことが大切です。多くのチャットボットはクラウドサービスで提供されていて、利用時には初期費用と月額費用が発生します。さらにチャットボットによっては、別途費用が発生することもあります。基本料金の範囲は必ず確認しましょう。

ちなみに、一般的な相場としては、初期費用は無料のものから10万円、月額費用は1万~30万円までになります。提供されるサービスの内容によって料金には幅があるので、希望する提供会社に必ず問い合わせを行い、比較検討してください。

加えて、チャットボットの中には、無料プランやトライアルサービスを提供しているものもあります。無料プランの場合は、利用できる機能が制限されることもあるので注意が必要です。

外部ツールとの連携はできるか

チャットボットには、問い合わせ履歴から得た情報を外部ツールに蓄積する機能など、ほかのツールと連携ができるものがあります。例えば、ビジネスチャットとの併用を考えている場合は、チャットボットとの連携機能を備えているかを確認しましょう。

サポートはあるか

チャットボットを長く活用するには、定期的なメンテナンスを行うことも大切です。ストレスなくサービスを利用するためには、どのようなサポートがあるのかを事前に確認しておきましょう。専任サポートの有無や、レスポンスの早さ、日本語に対応しているかといった点が重要です。

チャットボット15社を徹底比較!​​

ここからは実際に提供されているチャットボットを、以下の4つのパターンに分けて紹介していきます。

  • AI型×問い合わせ対応の効率化
  • AI型×CVR向上による売上アップ​​​​
  • シナリオ型×問い合わせ対応の効率化
  • シナリオ型×CVR向上による売上アップ​​
問い合わせ対応の効率化
CVR向上による売上アップ
AI型
  • SupportChatbot​​
  • HiTTO
  • QuickQA
  • AIさくらさん
  • My-ope office
  • sAI Chat​​
  • hachidori
  • AI.BiS
シナリオ型
  • hitobo
  • Parot
  • チャットディーラー
  • chamo
  • qualva
  • ChatBook
  • Engagebot​​

AI型×問い合わせ対応の効率化

AI搭載による学習機能を持ち、問い合わせ対応の効率化を目的とする場合に、おすすめのチャットボットをご紹介します。

SupportChatbot​​(サポートチャットボット)

チャットボット 比較 サービス

SupportChatbot は、社員や顧客からの問い合わせに適したチャットボットです。自然言語に特化したAIのため、非常に高い回答率を実現し、自己解決を促す「聞き返し機能」なども実装されています。

チャットボットの構築から専任の担当者がつくというサポート体制の充実も特徴です。

SupportChatbot

HiTTO(ヒット)

チャットボット 比較 サービス

HiTTOは、オリジナルAIとIBM製のAIの2つのAIを搭載したチャットボットです。両者の長所を融合させ、精度の高い回答を実現。フィードバックやユーザーからの評価などを自動学習し、回答精度の向上を図ります。

HiTTO

QuickQA(クイックキューエー)

チャットボット 比較 サービス

QuickQAは、日本語の言語処理能力に長けた国産のチャットボットです。少ない学習データでも言葉のゆれを学び、的確な回答を提示します。機械学習についての専門知識がない人でも運用できる管理ツールです。Office365やウェブチャットとの連携も可能です。

QuickQA

AIさくらさん

チャットボット 比較 サービス

AIさくらさんは、AI接客や受付、業務日報の管理など、社内ヘルプデスク対応も行うチャットボットです。幅広い業務に対応できると同時に、導入から設定、運用までの流れをスムーズに行います。自動応答している途中で、有人オペレーターに対応を引き継ぐことも可能です。

AIさくらさん

My-ope office(マイオペオフィス)

チャットボット 比較 サービス

My-ope office​​は、社内用語や環境に適応する、独自のAIエンジンが搭載されているため、社内の問い合わせにサポート力を発揮します。ChatworkやSlack、LINEといったコミュニケーションツールとの連携が可能です。状況のヒアリングからアフターサービスまで、サポート面も整えられています。

My-ope office

sAI Chat​​(サイチャット)

チャットボット 比較 サービス

sAI Chat​​は、FAQの類似表現をあらかじめ学習させることで、初回から精度95%以上の回答を可能にしたチャットボットです。追加オプションにより、有人対応との切り替えが可能です。利用率の向上や、FAQの改善提案など、学習機能の精度を保つサポートも実施しています。

sAI Chat​​

AI型×CVR向上による売上アップ​​​​

AIを搭載しつつ、CVR向上を目的としたチャットボットを紹介します。

hachidori​​(ハチドリ)

チャットボット 比較 サービス

hachidori​​は、営業支援や問い合わせ対応が充実した国産のチャットボットです。専門知識のあるエンジニアがいなくても、自由にアレンジができ、柔軟な運用が可能です。問い合わせ業務に加え、API連携を駆使したマーケティング機能も充実しています。無料トライアルのほか、カスタマーサービスやセキュリティに関する体制が万全です。

hachidori​​

AI.BiS​​(アイビス)

チャットボット 比較 サービス

AI.Bisは、BtoB企業に特化した、マーケティング支援が充実した顧客獲得型のチャットボットです。サイト訪問者から、大口の見込み顧客となる企業情報を表示する機能もあり、チャットから特定条件を満たした訪問者に営業活動をかけることができます。無料トライアルも利用可能です。

AI.BiS

シナリオ型×問い合わせ対応の効率化​​

シナリオ型で、問い合わせ対応の効率化を目的としたチャットボットを紹介します。

hitobo(ヒトボ)

チャットボット 比較 サービス

hitoboは、FAQがあればシナリオを設定する必要がなく、スピーディーに運用できます。表記のゆれも自動認識し、運営担当者の負担も大きく軽減できます。顧客満足度の向上に特化したい場合や、人件費などにかかるコストを抑えたい場合におすすめです。

hitobo

Parot​​(パロット)

チャットボット 比較 サービス

Parot​​は、LINE公式アカウントによるシナリオ型のチャットボットです。LINE@を用意すれば、選択式で自動応答を行うチャットボットを作ることができます。問い合わせの応答数が月1,000件以内なら、初期費用と月額費用が無料です。

Parot​​

チャットディーラー

チャットボット 比較 サービス

チャットディーラーは、有人チャットやLINEとの連携など、さまざまな条件設定が可能です。ウェブページにコードを数行貼り付けるだけで、スムーズに導入できます。無料トライアルに加え、導入後も専任のコンサルサポートが設定などの支援を行ってくれます。

チャットディーラー

シナリオ型×CVR向上による売上アップ​​

シナリオ型で、CVRの向上を目的としたチャットボットを紹介します。

Chamo(チャモ)

チャットボット 比較 サービス

Chamoは、自動話しかけ機能により、サイト訪問者の状況に合わせ、ダイレクトメールを配信することができます。国内拠点でサーバーを管理し、通信のSSL暗号化を行っているため、セキュリティ面においても安心です。担当者による迅速なサポート体制も整えられています。

Chamo

qualva(クオルバ)

チャットボット 比較 サービス

qualvaは、新規顧客獲得に特化したチャットボットです。対話形式でユーザーのフォーム入力をサポートするため、途中離脱を防ぐことができます。同時にシナリオ型チャットボットがすべての過程で全自動で応答するため、コスト削減も見込めます。セキュリティ対策も万全のため、顧客情報の管理においても安心です。

qualva

ChatBook​​(チャットブック)

チャットボット 比較 サービス

ChatBook​​は、チャットの離脱ポイントの可視化や、広告ごとのコンバージョンの分析、改善支援などマーケティング戦略を幅広くサポートしてくれます。シナリオ作成から運用改善までの支援体制も整えられています。

ChatBook​​

Engagebot(エンゲージボット)

チャットボット 比較 サービス

Engagebotは、LINEやFacebookを用いたチャットボットの活用に向いています。一度、友達になったユーザーに対し、継続的なアプローチが可能になります。グループ拡散機能やヒアリング機能など、活発なコミュニケーションを図る機能も充実しています。

Engagebot

自社の課題に合ったチャットボットを選ぼう

チャットボットを導入する場合は、事前準備や運用体制などさまざまな面で要する工数を確保することが必要です。しかし、軌道に乗ることができれば、売上向上やコストカットなど多くのメリットが期待できるのがチャットボットです。自社の目的や課題を明確にして、適したチャットボットを選びましょう。

関連記事

MA btob

BtoBにおける最適なMAツールの選び方とは?導入ポイントを解説

btob btoc マーケティング 違い

BtoBマーケティングとBtoCマーケティングの違い7選

マーケティングオートメーションとは2

マーケティングオートメーションとは

新着記事

seo対策 意味ない

SEO対策は意味がないって本当?成果が出ない原因と成功ポイントを解説

リード文 書き方

効果的なリード文の書き方とは?その方法を一から解説

オウンドメディア 事例記事 書き方

オウンドメディアにおける事例記事の書き方とは?