Kairos3(カイロス スリー)とは?特徴や機能を解説

公開日:
Kairos3(カイロス スリー)とは?特徴や機能を解説

Kairos3とは、営業のための商談を作るMA(マーケティング・オートメーション)ツールです。低コストながら、必要充分な機能を備えており、SFAツールのオプションも用意されています。

ここでは、Kairos3の特徴や機能について、詳しく解説していきます。

商談につながるお客様の抽出するMAツール

Kairos3とは、カイロスマーケティング株式会社が提供するMAツールです。正式名称は「カイロス スリー」なのですが、単に「カイロス」と呼ばれることもあるようです。

Kairos3は、直感的に使える操作性で、商談につながるお客様を抽出できることから、1,500アカウントを超える導入実績があります。月額15,000円から導入できるというハードルの低さも魅力でしょう。

また、オプションを追加することで、SFAの機能をプラスでき、外部のシステムと連携して情報の受け渡しを行う、APIの機能を持たせることも可能です。

Kairos3(カイロス スリー)の特徴

Kairos3にはどのような特徴があるのか、3つに絞って詳しくご紹介します。

カイロス ma 170

シンプルなUIで操作しやすい

MAは、毎日のように利用するツールですから、使いやすいかどうかは気になる点です。Kairos3のユーザーインターフェースは見やすくシンプル。MAツールとして十分な機能を備えながら、初心者でも直感的に使うことができます。

マーケティングに注力したいが、専任スタッフを充てられない。十分なスキルを持つ人材を確保できない…。そうした企業にとっても、導入しやすい設計となっています。

営業とマーケティングが連動しやすい

Kairos3は、営業業務を効率化するSFAの思想を反映したMAツールになっています。マーケティングと営業は、ひとつながりで連動してこそ、ビジネスの成果につながるもの。オプション設定の「Kairos3 SFA」を組み合わせることで、リードの獲得から商談、成約まで、切れ目なくサポートすることが可能になります。

サポート体制が充実している

Kairos3は、サポート体制が充実しています。ツールの使い方や活用法を学べるヘルプページのほか、電話窓口や質問フォームが用意されており、専任スタッフによるアドバイスを受けることが可能です。

さらに、カイロスマーケティング社の経験事例をもとにしたオンラインセミナーが、定期的に無料で開催されています。

Kairos3(カイロス スリー)の主な機能

Kairos3の機能は、「データ管理機能」「分析・評価機能」「マーケティング機能」の大きく3つに分けられます。それぞれどのような機能なのか、ご紹介します。

カイロス ma 170

データ管理機能

MAツールを導入したなら、さまざまな形で保存されているリード情報を整理し、MAツールで一元管理することが大切です。それを実現するために、Kairos3には多くのデータ管理機能が備わっています。

リード管理

リード管理とは、獲得したリード情報を管理する機能です。リードのセグメント分け、属性に応じたコンテンツの提供、リードの行動追跡など、マーケティング施策の基盤となる情報管理を行います。

名刺管理アプリ連携

企業名、役職、個人名が記載された名刺は、マーケティングにおいては、まさに宝の山。Kairos3は、名刺管理アプリとの連携も可能ですから、しっかり名刺情報を取り込んでおきましょう。マーケティングと営業が連携を密にし、眠っているリードを掘り起こせば、そこに多くの商機が生まれるかもしれません。

分析・評価機能

分析・評価機能は、各種のマーケティング施策の企画立案には、欠かせません。リードを属性によって分類したり、その行動から購買意欲を測定したり。また施策の結果を分析することで、どれほどの成果を上げられたのかを評価することも、マーケティング活動では大切なことです。

スコアリング

スコリングは、サイトを訪れたリードを追跡し、その行動によってスコアを加算していく機能です。サイトに何回訪れたか、どのページを閲覧したか、各ページでの滞在時間はどれほどか、e-bookのダウンロードや問い合わせフォームの利用はあったか。こうしたリードの動きを追跡し、数値化することで、購買意欲を探り、最適なコンテンツを提供していくというマーケティング活動が可能になります。

ホットリード抽出

スコアリングによって、購買意欲が十分に高まったと判定された「ホットリード」を自動抽出する機能です。ホットリードとして判定する条件はスコアリングとともに自由に設定でき、ホットリード判定したリードは、個別情報とともに営業担当者にメール通知します。

また、ホットリードの属性や流入経路、行動履歴を分析し、ホットリードになり得るリードがどこにいるか、どこからやって来るかを見きわめることもできます。

セグメンテーション

興味や関心、購買意欲の工程によって、リードを分類するセグメンテーションは、マーケティング施策の入口ともいえます。

Kairos3のセグメンテーション機能は、リードが持っている属性に加え、特定のウェブサイトページの閲覧や配信したメールへの反応、展示会やイベントでの反応など、動的な要素も加味して設定できます。そのため、購買意欲の高いリードには積極的なアプローチをかけ、休眠状態にあるリードには眠りを覚ます刺激を与えるなど、相手に合わせた施策を実行可能です。

マーケティング機能

マーケティング機能とは、実際のマーケティング施策の実行に関わる機能です。MAの機能の多くはここに分類されますが、その基礎となるのは、データの管理と分析・評価です。Kairos3には、多くのマーケティング機能が搭載されていますが、その一部をご紹介します。

メール配信

特にBtoBで役立つのが、メール配信機能です。Kairos3では、テンプレートのほか、効果の高かった過去のメールコンテンツを参考として、好反応が期待できるメールを編集することが可能です。

また、配信したメールに反応したリードのフォローや、段階的に送信するステップメール、開封率やクリック状況のリアルタイムでのレポート、複数の文面を使ったABテストなど、配信の効果を高める多くの機能が用意されています。

フォーム作成

各種の問い合わせやアンケートへの回答などは、リード情報を獲得できる大きなチャンスです。その窓口として不可欠の各種フォームも、Kairos3上で簡単に作成できます。マウス操作だけで、ほんの数分のうちに、スマートフォンにも対応したフォーム作成が可能です。

リードナーチャリング

リードの購買意欲を刺激し、商談・成約へと導く。そのためにはリードを知り、その興味や関心を惹くコンテンツを提供することが必須です。同時に、コンテンツの提供によってリードがどのようなアクションを起こしたのかを分析し、次の施策へとつなげていくことです。

Kairos3では、ウェブサイトへのアクセスやメールの反応のほか、展示会やイベントへの参加などのオフラインでの行動もナーチャリングのステップとして、継続的にリードをフォローしていきます。

シナリオ

リードの行動に合わせて、あらかじめ登録しておいたメールを自動的に送るのがシナリオ機能です。Kairos3ではオプションとして、別料金で設定されています。

シナリオ機能を使えば、フォームから登録したリードに返答を返したり、展示会やイベントへの参加者、欠席者に対するフォローメールを送ったりということを、自動で行えます。

Kairos3(カイロス スリー)の導入方法・利用料金

Kairos3の導入は、いたってシンプルです。製品サイトに用意されている問い合わせフォームに、必要事項を記入して送信するだけです。オプション機能であるシナリオ、SFA、APIは、この時点で一緒に申し込むことができますし、利用を開始してから追加することもできます。

申し込み登録が完了すると、1〜2営業日でアカウントが発行され、利用できるようになります。

料金設定は、初月のみ必要な初期費用が1万円、その先は月額1万5,000円から始められます。また、扱えるメールアドレスや送信可能なメール本数によって、料金設定が細分化されていることや、最短利用期間が6ヵ月であることもあり、あまり多くのコストを割けない中小企業にとって、導入しやすいMAツールといえます。

<Kairos3の利用料金>

月額費用 保有メールアドレス数 月間PV数 月間メール送信数
15,000円 〜100件 〜5,000pv 〜1,500通
22,000円 〜1,000件 〜15,000pv 〜15,000通
34,000円 〜3,000件 〜45,000pv 〜45,000通
46,000円 〜10,000件 〜150,000pv 〜150,000通
60,000円 〜15,000件 〜225,000pv 〜225,000通
75,000円 〜20,000件 〜300,000pv 〜300,000通
95,000円 〜30,000件 〜450,000pv 〜450,000通
120,000円 〜50,000件 〜750,000pv 〜750,000通

※すべて消費税別

※2021年8月時点

<オプションの料金設定>

  • シナリオ:月額2万5,000円
  • SFA:月額2万5,000円
  • API:月額2万5,000円

※すべて消費税別

※2021年8月時点

導入コストのハードルが低いMAツール

必要充分な機能を備え、マーケティングの初心者でも使いやすく、しかも導入コストが安い。こうした特性を持つKairos3は、中小規模の企業を中心に活用される場を広げています。

MAを導入したいが、コストや人材の点での負担が大きく、決心がつかない…。そうした企業にとっては、まさにぴったりなMAツールでしょう。

関連記事

ゴールデンタイム CM

ゴールデンタイムのテレビCMとは?どれくらい費用がかかるかを解説

ホワイトペーパーとは

ホワイトペーパーとは?効果や活用するメリットを紹介

トラフィック 分析

【画像付】トラフィックを分析する方法とは?4つのケースに分けて解説

新着記事

seo対策 意味ない

SEO対策は意味がないって本当?成果が出ない原因と成功ポイントを解説

リード文 書き方

効果的なリード文の書き方とは?その方法を一から解説

オウンドメディア 事例記事 書き方

オウンドメディアにおける事例記事の書き方とは?