ワードサラダとは

SEOで使われる用語「ワードサラダ」について解説しています。

ワードサラダとは

ワードサラダ(word salad)とは、「文法は間違ってはいないが、文章としての意味が破綻している」自動で生成されたテキストコンテンツを指します。

自作自演でリンクを増やすにしても、それなりのボリュームの記事を書こうと思えば時間はどうしてもかかってしまいますが、ワードサラダであればそれなりのボリュームの記事を一瞬で何記事でも作成することが出来るため、アフィリエイターやSEO業者を中心として今でも使用されているのを見かけます。

SEO上での効果

ワードサラダとは具体的にはこういった記事になります。

ワードサラダのサンプル画像です。確かに、文法は合っているように見えますが何の意味も成していません。

人間の目から見れば何の意味も持たないコンテンツであることはすぐに認識できますが、検索エンジンは機械的にそう簡単には判断できないのが現状です。

ですので、今でも上記のようなワードサラダのテキストコンテンツからのリンクが一時的に評価され上位表示に貢献していることもごく稀に見かけますが、現在ではほとんどが既に検索結果から姿を消していることが確認できます

※実際に確認しましたが、上記のワードサラダのコンテンツもWEB上には存在します(URLを指定すればアクセスできる状態)が、Googleのインデックスからは削除されています(URLで検索をしても検索に1件もヒットしない状態)。

インデックスから消えているということはGoogleのデータベースに存在していないわけですから、リンクの評価もなにもあるはずがなく、その状態のコンテンツからいくらリンクを集めたところで、ランキング上昇には一切つながりません。

ワードサラダはダメ

つまりこういった何の意味もなさないコンテンツはGoogleからすれば余分なクロールや余分なインデックスの原因でしかありませんし、ただでさえGoogle自体が膨大な量のデータを扱っていますので、無駄なインデックスも無駄なクロールも本来であれば断固避けたいものです。ですからインデックスが削除されても文句は言えません。

また、このようなコンテンツからのリンクを多く受けると、即座にペナルティとはいかないまでも、何かしら不自然であるというフラグを高確率で立てられるようにもなってきています。

すなわち、断言することは難しいとは言え、こういったワードサラダからのリンク施策はいずれ百害あって一利なし、というものになるのは目に見えていますので、間違っても今後は行わない方が良いと結論づけておきます。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×