nofollow属性とは

SEOで使われる用語 「nofollow属性」 について解説しています。

nofollow属性とは

nofollow(属性)とは、リンク先にリンクジュース(ページ評価)の受け渡しを無効化できる属性のことです。ページ内に設定しているリンクに対しnofollowを設定することで、「このリンクは無効化してください」と検索エンジンに対し伝えることができます。

具体的に、イメージ図で紹介していきましょう。通常のリンクジュースの流れは下図のようになります。サイトA内にサイトBへのリンクが設定されることでAのリンクジュースがBに受け渡されます。

通常のリンクジュースの流れ

しかし、サイトA内にあるサイトBへのリンクにnofollowを設定すると下図のようになります。

nofollow設定後の流れ

結果、nofollowを設定することでサイトBへアクセスすることはできても、サイトAのリンクジュースはサイトBには受け渡されなくなります。SEO上の恩恵を受け渡さない、と言い換えることもできます。

もともとnofollow属性は、信頼できないサイトへのリンクや順位操作目的のリンクにPageRankを受け渡さない、クロールさせない、という目的で作られました。その為、ブログサービスやSNSにも設定されており、有名なものですとWikipediaやtwitter、アメブロ(※2013年12月時点ではブックマークの箇所のみ)などにもnofollowが設定されております。

nofollow属性の指定方法について

nofollowを指定するには、

  • 「特定のリンクに対して設定する方法」
  • 「metaタグに設定する方法」

の2通りの指定方法があります。

2つの方法は、記述の方法だけではなく意味自体が異なりますので違いを説明しながら解説していきます。

特定のリンクに対して設定する方法

特定のリンクに対して設定する方法は、HTML内のnofollowを設定したいリンクの箇所に【rel=”nofollow”】を設定するだけでnofollowの設定ができます。例として、先ほど紹介したサイトAのページ内にあるサイトBへのリンクに対しnofollowを設定してみましょう。

初めに、サイトAからBにリンクするには以下のように<a>タグ内にURLを設定します。 

リンクのソース:<a href=”http://www.siteB.net/”>サイトBへのリンク</a>

これにnofollow属性を指定してみましょう。<a>タグ内に【rel=”nofollow”】を追加することでサイトBへのリンクジュースの受け渡しを無効化にできます。設定方法は以下のようになります。

リンクのソース:<a href=”http://www.siteB.net/” rel=”nofollow”>サイトBへのリンク</a>

metaタグに記述する方法

もう1つはmetaタグ内に設定する方法です。先ほど紹介した特定のリンクに対して設定する方法とは異なる特徴があります。大きな違いは、metaタグにnofollow属性を記述するとページ内にある全てのリンクに対しnofollowを指定することとなります。

仮に、先ほどのサイトAのページ内にサイトB,C,Dへの複数のリンクが設定ある場合でも、metaタグ内に下記のタグを設定することで全てのサイトB,C,Dのリンクをnofollowにすることができます。

タグ:<meta name=”robots” content=”nofollow”>

nofollow属性の用途について

nofollowは、通常のWebサイトの運営のなかでそうそう使用するものではありません。実際にGoogleのガイドラインで推奨しているものがありますので、どういった使用方法があるかを確認した上で、設定することをおすすめ致します。

信頼できないサイト(コンテンツ)へのリンク

リンク先が信頼出来ないサイトやリンク先にリンクジュースを受け渡したくないと思うサイトのリンクを仕方なく設定する場合(有料広告・悪質なサイトの注意喚起など)には、nofollowを設定しリンクジュースの受け渡しを無効化にすることが推奨されます。

有料リンク

有料リンクとは、ページランクや検索順位を意図的に操作することを目的としたリンクを金銭で獲得することでございます。有料リンクはGoogleから禁止されており、SEO目的の相互リンクや低品質のディレクトリ登録等があげられます。もし、SEO目的ではなく宣伝・広告用に有料リンクを設定する際、もしくは既に設定している際はnofollowに指定することが推奨されます。

クロールの優先順位

検索エンジンは、IDやパスワードを用いて登録やログインをすることができません。その為、ログイン画面や注文フォームなどをnofollow指定しておくことで、クローラーはリンクを辿りません。その代わりに、インデックス登録したいと思っているページや重要な下層ページに対して優先的にクロールしてもらいやすくすることができます。

まとめ

  • nofollow属性とは、リンク先にリンクジュース(ページ評価)の受け渡しを無効化できる属性のことである。
  • むやみに設定するものではなく、用途を確認した上で使用することをおすすめ致します。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×