A社様事例(旅行業):SEO技術要件の整備とコンテンツの最適化を繰り返し、前年度対比で自然検索流入が4.5倍に

技術要件の最適化を実施、既存のコンテンツの配置や導線を整理・増強によりSEOの改善に成功。

クライアント様が抱えられていた課題

成約ルートが親会社からの紹介がほぼとなっており、自力で集客が出来ていない状況だった。売上も伸び悩んでおり、もっと成約数を伸ばしていきたいと模索しておられましたが、リスティング広告やその他紙媒体の広告を中心とした対策への依存度が高い状態が続いていて、弊社にSEOの改善をご依頼いただきました。

調査によって明らかになった問題点

弊社が調査したところ、主に以下のような課題が発見されました。

  • オーガニック検索からの流入はほぼ指名(社名)検索が占めており、ロングテールキーワードはブログ系のページに流れていたもののそこからのアクションやリピートにつなげるための工夫はなされていなかった
  • リスティング広告では特定のビッグキーワードばかりの出稿で、費用対効果が見合っていないまま運用されていた
  • 本来もっと上位にいてもいいであろうキーワードや、ターゲットユーザが検索するだろうコアとなるエリア掛け合わせキーワードが全く検索ヒットされてない状況だった
  • 検索エンジン向け対策も、重複タイトルが目立つなど、ほとんどできていなかった
  • サイトを見たときに、サイトの説明などが入っておらずビジュアル重視のデザインとなっていたため、一見何のサイトなのかもわかりにくかった
  • 問い合わせ導線も一部にしか設定されておらず、問合せするにもしにくい導線だった
  • 構造が複雑で、サイトを回遊するにつれ、ユーザが迷いやすいサイトの作り方になっていた
  • 重複コンテンツも多く発生していた
  • ユーザが見たいであろうホットなコンテンツがなかった

このようにサイト全体に大きな問題点が様々あり、広告を投下してサイトにユーザーが訪れても効率よく収益につながらず、コンテンツ自体は多く存在するものの検索にヒットしていなかったりといった状況に陥っていたことが分かりました。

どのように解決したか?

まずはそれまでのアクセス解析データから、コンバージョンにつながるキーワード、流入キーワード数、その他PV数などの調査を行い現状サイトのトラフィック傾向を把握及び課題点の洗い出しを行いました。

続けて、ニーズが高い検索キーワードを調査。現状サイト及び競合サイトとの順位比較を実施。競合サイトと比較して足りないポイントがどこにあるのかを調べました。

検索エンジン対策として、SEOの主要な目標キーワードでの露出状況を改善するため、基本的なHTMLチューニング、重複コンテンツの解消、内部リンクの仕様変更を行いました。また、検索需要があるにも関わらず、その検索に対応するようなコンテンツがないことも多く、必要なコンテンツ追加提案も行いました。

同時に、直帰や離脱の多い着地ページ群に着目して、コンテンツの見直しや増強、問い合わせ導線や回遊導線の見直しも行い、訪れたユーザーがサイト内のコンテンツを閲覧し、アクションやリピートに繋げるための改善を行いました。

プロジェクトの成果

プロジェクトの成果

訪問数:4.5倍
オーガニック検索訪問数:4.3倍
PV数:4倍
コンバージョン数:3倍

ナイル株式会社について

自社のWeb運用ノウハウやSEO技術を強みとし、コンテンツマーケティングや分析など、Webサイトの総合的なROIを改善コンサルティングを展開しています。Webサービスを得意とする企業ならではのコンサルティングで、企業様のWebビジネス成長を支援いたします。

SEO・Webコンサルティングでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×