YouTubeビジネス動画に関するアンケート調査|2023年10月実施

公開日:
SEO
YouTubeビジネス動画に関するアンケート調査|2023年10月実施

YouTube利用者の20代から60代男女1,763名に、ビジネス系動画の視聴有無、またビジネス系動画視聴時の行動に関するアンケート調査を行った結果を公開します。

調査結果の概要

  • YouTube利用者のうち、約4割がビジネス系動画を見ると回答
  • ビジネス系動画の視聴割合1位「20代女性」、2位「30代男性」
  • ビジネス系動画の視聴時間帯、年代で差
  • ビジネス系動画を見る目的1位「ビジネススキル向上のため」
  • ビジネス系YouTubeチャンネル登録数「2~5アカウント」が最多
  • 視聴後の行動1位、動画が面白い時「高評価ボタンを押す」、面白くない時「特に何もしない」
  • 視聴中の行動、半数以上が「ながら見」
  • ビジネス系動画視聴後、約4割が「ウェブ検索をした」と回答

調査概要

・調査期間:2023年10月18日~23日

・調査方法:インターネット調査 fastask

・調査対象:YouTubeを利用している全国男女1,763名

YouTube利用者のうち、約4割がビジネス系動画を見ると回答

YouTube利用者1,763人のうち、約4割が仕事に関する学び、ノウハウ、スキルに関する動画を発信するビジネス系YouTubeチャンネルの動画を「視聴する(41.3%)」と回答しました。

ビジネス動画視聴者割合

ビジネス系動画の視聴割合1位「20代女性」、2位「30代男性」

ビジネス系YouTubeチャンネルの動画を視聴すると回答した729名のうち、年代別の視聴者割合を見ると、20代が37.4%で最も多く視聴していることがわかりました。次いで30代が30.3%、40代が22.2%でした。

ビジネス系動画視聴者割合

また、男女年代別の数値を見ると、20代女性が24.1%(176名)で最も多く、次いで30代男性が16.9%(123名)でした。

ビジネス系動画の視聴時間帯、年代で差

ビジネス系動画を視聴する時間帯の1位は「22時~23時台(37.2%)」、2位「20~21時台(35.7%)」、3位「12時~13時台(23.6%)」でした。

ビジネス系動画視聴時間帯

一方で、年代別の視聴者時間帯を見ると、20代のユーザーは「12時~13時台(35.1%)」が最も多く、30代は「22時~23時台(41.5%)」、40代は「20時~21時台・22時~23時台(46.8%)」に動画を視聴していることがわかりました。

ビジネス系動画年代別視聴時間帯

ビジネス系動画を見る目的1位「ビジネススキル向上のため」

ビジネス系YouTubeチャンネルの動画を見る目的を聞いたところ、44.1%が「ビジネススキルを向上させるため」と回答しました。次いで「市場や業界の情報収集(43.3%)」、「知らない言葉(専門用語、話題の言葉等)の意味を知るため(31.4%)」でした。

ビジネス系動画視聴の目的

 

その他の理由として、「経営者の話を聞きたいから(18.4%)」、「ブランド、企業が好きだから(14.9%)」、「出演者が好きだから(14.7%)」といった回答もあがっています。

ビジネス系YouTubeチャンネル登録数「2~5アカウント」が最多

ビジネス系YouTubeチャンネルの登録数を聞いたところ、「2~5アカウント(33.6%)」登録している方が最も多く、次いで「6~10アカウント(24.2%)」、「0~1アカウント(22.5%)」でした。

ビジネス系チャンネル登録数

視聴後の行動1位、動画が面白い時「高評価ボタンを押す」、面白くない時「特に何もしない」

ビジネス系動画を視聴した後の行動について、「動画の内容がためになった、面白かった」などのポジティブな感情になった場合と、「動画の内容がためにならなかった、面白くなかった」などネガティブな感情になった場合の行動を比較しました。

ビジネス系動画の視聴後の行動

ポジティブな感情の場合、視聴後の行動としては「高評価ボタンを押す(43.3%)」、ネガティブな感情の場合は、「特に何もしない(41.8%)」が最も多い行動でした。

視聴中の行動、半数以上が「ながら見」

ビジネス系動画の視聴中にとったことがある行動として、半数以上が「ながら見をする(53%)」と回答しました。

また、「画面を見ずに耳だけで視聴する(32%)」、「倍速で見る(25.5%)」といった回答も多く見られ、約2割が「ミュートで画面だけ見る」、「動画を視聴しながら別の動画を見る」といった行動も起きていることがわかりました。

 ビジネス系動画視聴中の行動 

ビジネス系動画視聴後、約4割が「ウェブ検索をした」と回答

ビジネス系動画の視聴後にとったことがある行動では、1位「YouTube内で関連動画を検索した(43.1%)」、2位「Webで検索した(42%)」、3位「概要欄のURLをクリックした(28.6%)」と回答しました。

ビジネス系動画視聴後の行動

ナイルの見解

ビジネス系YouTubeチャンネルの動画に関するアンケート調査を実施した結果、YouTube利用者の約4割がビジネス系動画の視聴を行っていることがわかりました。最近ではエンタメ色の強い「単純にコンテンツとして面白い」ビジネス系YouTubeチャンネルも増えており、多くの人が動画を見ていることが数字に表れています。

また、視聴者層としては、20代が最も多く、性別で見ると差があることがわかりました。視聴時間帯は年代で差があり、20代は12時~13時のお昼休憩中にビジネス系動画を視聴する傾向が見られ、30代40代になるにつれて20時以降の時間帯に良く見られる傾向があることがわかりました。こうした年代における視聴時間帯の違いを踏まえて、動画の公開タイミングなどを調整しても良いでしょう。

視聴中の行動としては、ながら見が最も多く、その他にも耳だけで聞いたり、動画を見ながら別の動画を見る、といった行動も多く見られました。動画の内容を、テロップに頼りすぎず、音声だけでも内容を理解できるような工夫が必要だといえます。

視聴後の行動では、YouTube内の検索だけでなく約4割がウェブ検索も行ったと回答していることから、動画内で検索を促すような発言を追加する、検索でたどり着くページを用意するといった対策も検討すると良いかもしれません。

ナイルのマーケティング相談室では、今後もマーケティングに役立つ調査を実施して参ります。

 

 

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

ROI・ROASとは?それぞれのメリット・デメリットや違いを解説

ROI・ROASとは?それぞれのメリット・デメリットや違いを解説

サブ-ディレクトリとは?有効な活用法も紹介

サブディレクトリを活用しよう!作り方とメリット、運用上の注意点を解説

「一覧ページに掲載するリスト数は?」「内部リンクのパスってどう指定すればいいの?」などの質問にSEO現場のプロが答えます

新着記事

就活企業リサーチ行動調査

【就活における企業リサーチ行動調査】

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

【完全ガイド】Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

サイト内検索

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。