302リダイレクトとは

SEOで使われる用語「302リダイレクト (302redirect)」について解説します。

意味:302リダイレクトとは

302リダイレクトは、URLが一時的に変更された場合に用いられる転送処理のステータスコードです。転送のステータスコードとして他に301リダイレクトがありますが、301リダイレクトは「恒久的な転送」を表すものであり、その意味が異なります。

302リダイレクトの使い方

302リダイレクト(302redirect)は、永久的な転送と扱われると異なり、「一時的な転送」として扱われます。一時的、というのがどの程度を指すのかは一旦置いて置くとして、あまりSEOの現場で用いられることはそこまで多くはないと感じます。

基本的には302リダイレクトは数日~1週間程度の一時的なURL転送などの場合に用いられます。数カ月単位で以降される場合は301リダイレクトを用いることが大半です。2週間、3週間など判断が微妙な期間での転送の場合、迷ったら301リダイレクトを設定した方が無難と感じますし、実際のところそこまで大きな差は生じないと思います。

301リダイレクトと302リダイレクトのSEO上の違い

まずはリダイレクト元の被リンクなどの資産を引き継がない(元のURLに資産を残したまま、インデックスされるURLだけが変更されるイメージ)ことがSEO上では最も大きな差になると思います。ですので実際には一時的にアクセスさせるURLを変更するという用途以外では用いられないと認識して頂いて大丈夫です。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×