302リダイレクトとは?301リダイレクトとの違いを解説

302リダイレクトとは、URLを一時的に変更した際に用いる転送処理のステータスコードです。似たものとして、URLを恒久的に変更した際に用いる301リダイレクトがあります。

ここでは、302リダイレクトの概要と使い方について、詳しく解説していきます。

この記事のポイント

  • 302リダイレクトは、数日~1週間程度の一時的なURL転送に用いるのが基本
  • 302リダイレクトを使うと、ダイレクト元のPageRankを引き継ぐことができる
  • 特にこだわりがない場合は、301リダイレクトを使っても問題ない

 

302リダイレクトとは

302リダイレクトは、URLが一時的に変更された場合に用いられる転送処理のステータスコードです。転送のステータスコードとして他に301リダイレクトがありますが、301リダイレクトは「恒久的な転送」を表すものであり、その意味が異なります。

302リダイレクトの使い方

302リダイレクト(302redirect)は、「永久的な転送」と扱われる301リダイレクトと異なり、「一時的な転送」として扱われます。一時的、というのがどの程度を指すのかは一旦置いて置くとして、SEOの現場で用いられることはそこまで多くはないと感じます。

基本的には302リダイレクトは数日~1週間程度の一時的なURL転送などの場合に用いられます。数カ月単位で以降される場合は301リダイレクトを用いることが大半です。2週間、3週間など判断が微妙な期間での転送の場合、迷ったら301リダイレクトを設定した方が無難と感じますし、実際のところそこまで大きな差は生じないと思います。

301リダイレクトと302リダイレクトのSEO上の違い

ステータスコードとしては、301リダイレクトが「永久的」、302リダイレクトが「一時的」と違いがありますが、どちらもリダイレクト元のPageRankを引き継ぎます。よって、SEO上違いはないのですが、厳密にいうと、下記リンクの通り、検索エンジンの扱いがやや異なりますので、どうしても気になる方はリンク先を参照してください。特に理由がない場合は301リダイレクトを推奨します。

参考:301も302もどちらのリダイレクトもPageRankを渡す。実際にはどちらをインデックスするかどうかの問題 | 海外SEO情報ブログ

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら