未経験からSEOコンサルに転職した頃の話

公開日:  更新日:

初めての手記。私がSEOコンサルになりたての頃の話をしたいと思う。

転職活動を経てナイル株式会社にSEOコンサルとして配属されたものの、入社当初は自分の考えたSEO施策になかなか自信が持てずにいた。

先輩たちに相談に乗ってもらっているので提案のクオリティは悪くないハズなのに「実際に自分がクライアントにSEOを提案して成果を出した経験がないこと」が心のモヤモヤとなっていた。

 

ちょうどその頃、社会人サークルを運営している友人から「サークルのメンバーを増やしたいので、ホームページ作ってくれないか?」という相談をプライベートでもらった。

 

・SEOコンサルとして自分でサイトを立ち上げて運用した経験がないのはあまりよくないのでは

・会社で学んだSEOの知見を試す良いチャンスかもしれない

 

と自分なりに考え、当時はサイト制作に関する知見はほとんど皆無だったのですが引き受けることにした。(多少失敗したからといって怒るような友人でもなかったのも大きい)

そこから立ち上げまではわりと大変だった。WordPressの本を買ったり、ネットで調べたり、サイトを作ったことのある友人を呼び出して直接教わったりしながら、綺麗とは言えないながらもなんとか無事サイトを立ち上げることができた。(あとで友人に聞いたらデザインいけてるねーなんて言ってもらたりした。ほとんどの競合サイトの見栄えがよいとはいえなかったのが大きいけどw)

 

SEOで意識したポイントとしては大きく4点。

①title、meta descriptionタグを最適化する

②競合よりサークルの紹介情報をリッチにする(写真、テキスト量、サービスページを増やすなど)

③ブログを書く(サークルに関連するブログを数記事書いた)

④ページ同士を内部リンクでしっかりつなぐ

 

重要視していた複数のキーワードの競合性が低かったこともあり、サイトを公開してから3ヶ月目あたりからキーワードの上位表示に成功し、サークル参加希望者からの問い合わせが少しづつ来るようになった。

公開半年後には月に20件以上問い合わせがくるようになり、友人からは「対応しきれないからホームページからの問い合わせちょっとストップして欲しい」と言われるまでに。

(私がだいぶサイト運用にのめり込み、自腹で広告を回し始めた影響もある)

 

とても小さな成功体験だが私はこの経験があってから、少しづつ自分の提案に自信をもてるようになった。

振り返ってみるとタダでサイトを作ってあげるということで、気負わず、失敗を心配することもなく取り組めたのが良かったのかなと思う。

仕事で接するクライアントに対しては生半可な提案は許されませんが、自分で作ったサイトであればある意味やりたい放題だ。

 

未経験からSEOを仕事として取り組んでいく人については

「どんなに小さなサービス(もちろんブログでもOK)でもよいので、自分の手でゼロから立ち上げて、実際に成果を出して成功体験を味わってみてほしい」と思う。

私は「小さなサークルのサイトを自分が立ち上げたことで、サイトがなければ決して巡り会えなかったであろう色んな人が問い合わせしてくれて、実際に練習にきてくれる」という光景を何度も目にして「Webの可能性」を実感した。

未経験からSEOを仕事として取り組んでいく方には、是非まず最初に「Webの可能性」に触れてみてほしいと思う。

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。