「気にしい」な性格が活きる場所

公開日:  更新日:

デジタルマーケティング事業部でコンサルタントをしています、川野です。

新卒で人材系ベンチャー企業に入社し、第二新卒としてナイルに転職しました。

 

そして、もう少しで入社してから半年が経とうとしているので、振り返りつつ「ナイルに入社して感じたこと」を書いてみたいと思います。

 

ナイルで働くまで、私は自分の「気にしい」な性格にコンプレックスを持っていました。

前職では、仕事やコミュニケーションの細かいところまで気になり、「そこまで気にしなくていいんじゃない?」と言われると「そうなのか」と納得する半面、モヤモヤが募っていく感覚がありました。

 

この性格を変えない限りずっと仕事のやりづらさを感じ続けるのではないかと思い、悩んでいました。

前の会社の先輩に「川野さんは気にしすぎるとこあるから、そこは気を付けた方がいいかもね。」と退職前に言われたときは、やっぱり自分のこだわりは間違いなのかとショックを受けたことを覚えています。

 

しかし、ナイルに入社してからは今まで、自分の「気にしい」な性格のせいで仕事がやりづらいと感じたことは一度もありません。

むしろ、先輩たちの仕事を見て「こんな細かいところまで気が付くのか」「お客様とのコミュニケーションひとつひとつの気遣いがすごい」と感動することが多々あります。

 

社内チャットで、成果と行った施策が流れてくるチャンネルがあるのですが、その報告を見る度に、細かいところまでこだわって深く突き詰めることで出てきた施策からの成果なんだろうなと思わされます。

チャットが動くたびに、「すごい…私もはやく成果をあげるぞ。」と意気込んでいます。

 

SEOは、決して華やかではなく一見地味な施策をコツコツとやる仕事です。

また、ひとつの施策を実行することで別の面ではマイナスになる、という施策も多々あり「どうすることがクライアントにとって最善なのか」と多角的な視点であれこれ考える必要があります。

 

また、クライアントワークなのでお客様それぞれの組織や運用体制に合わせたコミュニケーションも必要になります。

約半年働いてみた実感値として、このコミュニケーションの点は成果の出る施策方針を立てることと同じくらい大事で、敏感に汲み取って考えるべきだと思っています。

 

そういった仕事の特徴が「気にしい」な性格と合っているのかもしれません。

上記に対する私自身の思考の精度はまだまだですが…

とはいえ、気にする方向性を間違えて矢印が自分や自社に向いていると、ただのやっかいな人になってしまうので、コンサルタントとして”クライアント第一”という軸はブレないように気をつけています。

 

今思えば、退職前に忠告をしてくれた先輩も、方向性を間違えないよう心配してくれていたのだと思います。

 

自分が自分のままで楽しく働けている今を考えると、半年前、選考フローの多いナイルの選考を最後まで受けて良かったです。笑

今後、今よりもクライアントの成果に対してこだわれるコンサルタントになりたいと思います!

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら