strongタグとは?テキストを太字にして読みやすくする方法を解説

更新日: 公開日:
SNS

strongタグとは、HTMLタグの一種でテキストを太字にして重要な意味を持っていることを示すために用います。しかし、類似するタグも存在するため、使いどころを迷っている人も多いのではないでしょうか。

ここではstrongタグの概要と類似タグとの違いについて、詳しく解説していきます。

この記事のポイント

  • strongタグとはそのテキストに重要な意味があることを示すために用いるHTMLタグのこと。
  • 使用した箇所は太字になるため、ユーザーの読みやすさを向上させるために、適切に用いることが大切。
  • 類似タグとの違いを理解し、多用しないことがポイント。多用するならCSSで設定しよう。

strongタグとは

strongタグとはHTMLのタグの一種です。囲んでいるテキストが意味的に強く重要であることを示すために用います。また、ブラウザ上では該当箇所が太字で表示されます。記述方法は<strong> ~ </strong>で該当テキストを囲むだけです。

strongタグの使い方・記述方法

記述方法ですが、<strong> ~ </strong>で該当テキストを囲むだけとなります。

<strong> 強く重要であるテキスト </strong>

ブラウザ上では、強く重要であるテキストと、太字で表示されます。

strongタグのSEO効果

結論から話すと、順位向上のようなSEO上の効果はないと考えています。このように多用(悪用)できるものに、Googleがランキングの要素に使用しているとは考えにくいからです。
ただし、ユーザーが読みやすい、重要なポイントを理解できるような文章は、検索エンジンが判断する上でも良いコンテンツなはずで、そういった意味では「適切にstrongタグを使用できているコンテンツはSEO上評価される可能性が高い」とは言えるかもしれませんね。

逆に言うと、strongタグを多用してしまうと、どこが重要なのかがわからなくなってしまい、わかりにくいページになってしまいます。その結果としてページの質を下げることにも繋がります。strongタグは重要なテキストに適切に用いることが大切です。

また、ブラウザ上で同様に太字で表示されるbタグは、SEO上strongタグと同等に扱うと2013年に公式に発表しているので、そこに関しては特に意識する必要はありません。

類似タグとの違い

類似しているタグとして、<b>タグ、<em>タグ、<mark>タグがあります。

<b>タグは囲まれているテキストをほかと区別したい際に用います。囲まれている箇所は太字で表示されます。また、意味的に重要であることや、強調する役割をもっていません。記述方法は<b> ~ </b>で該当テキストを囲むだけです。

<b> 他と区別したいテキスト </b>

ブラウザ上では、他と区別したいテキストと表示されます。

<em>タグは強勢するテキストを表す際に用います。囲まれている箇所は一般的にイタリック(斜字)で表示されます。アクセントをつけるために用いられます。記述方法は<em> ~ </em>で該当テキストを囲むだけです。

<em> アクセントをつけたいテキスト </em>

ブラウザ上では、アクセントをつけたいテキストと表示されます。

<mark>タグはテキストをハイライトし、ユーザーが見やすいように目立たせる際に用います。囲まれている箇所は一般的に黄色でハイライトされます。重要度といった意味的な役割はありません。記述方法は<mark> ~ </mark>で該当テキストを囲むだけです。

<mark> ハイライトしたいテキスト </mark>

ブラウザ上では、 ハイライトしたいテキストと表示されます。

このように、意味的に重要なテキストにはstrongタグ、他と区別したいテキストにはbタグ、アクセントをつけたいテキストにはemタグ、ハイライトしたいテキストにはmarkタグを用いてください。また、見出しにはh要素を用いてください。太字の表現を多用する必要があるのであれば、意味をもたせないCSSでの設定を推奨します。

参考:HTML5から意味の変わる要素-HTML5リファレンス

参考:h要素とは

まとめ

strongタグは上記の通り、重要なテキストを示すタグです。ブラウザでの表示は太字になりますが、単純に太字にしたいといった場合には用いないことが推奨されます。文章の内容を考え、重要な箇所のみに適切に用いてください。

また、順位が上がるなどのSEO効果はないため、読み手に対し強調することで、内容理解が深まるように設定してください。

HTMLについて知りたい方はこちら

SEO対策の基本のHTMLであるタイトルタグの付け方を知りたい方はこちら

サイト内検索

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら