タレントをCM起用するポイントとは?キャスティングの流れを詳しく解説

更新日: 公開日:
タレントをCM起用するポイントとは?キャスティングの流れを詳しく解説

テレビCMでは、注目を集めるためタレントを起用することが多くあります。しかし、タレントを起用することで、どのような効果があるのか、実際にはどうように進めればいいのか、わからない方は多いと思います。

ここでは、タレントをCM起用する際の選出ポイントとキャスティングの流れについて解説します。

 

\テレビCMを成功させるために!資料ダウンロードはこちらから/

テレビCMにタレントを起用する効果

テレビCMにタレントが起用されるのは、商品・サービスの訴求において、タレントの知名度との相乗効果を期待するためです。テレビCMにタレントを起用した際に期待できる効果を確認しておきましょう。

タレント CM起用

印象に残りやすい

CMを制作する目的のひとつは、商品・サービスの認知度向上です。そのため、視聴者の印象に残るCM制作が求められますが、タレントを起用することで「あのタレントがCMしている商品・サービスだ」と覚えてもらいやすくなります。タレントに知名度があるからこそ、商品・サービスが印象に残りやすくなるのです。

訴求したい購買層に届きやすい

CM出演しているタレントによっては、訴求したい購買層に商品・サービスが届きやすくなります。

CCCマーケティング株式会社が行った「CM視聴後の購買実態調査」(2016年9月~2017年8月、関東エリアの1都6県が対象)によると、その変化が如実に現れています。ある食品のCMにおいて女性タレントを起用した場合、最も購買率が高かったのが40代女性で、30代女性の購買率はその半分にも満たない状態でした。しかしその後、男性タレントをCMに起用した内容に変更したところ、最も購買率が高かったのが30代女性という結果に。30代女性においては、女性タレントを起用していたときに比べて約4倍も購買率があがり、男性の購買率も増加傾向が見られました。

このように、CM出演しているタレントによって商品・サービスをチェックする層は変わります。起用したタレントのファン層も商品・サービスを購入しやすい傾向にあるため、ターゲット層に合ったタレントを起用できれば、効果的にPRできるでしょう。

参考:CCCマーケティング、CM視聴後の購買実態を調査

タレントキャスティングの流れ

ここからは、タレントをCM起用するまでの流れを確認していきましょう。実際には広告理代理店が行う作業となりますが、流れだけでも把握しておくことをおすすめします。

タレント CM起用

STEP1 タレント選出

CM起用するタレントは、有名であれば誰でもいいというわけではありません。商品・サービスのターゲット層に訴求できることや、制作するCMのイメージに合っていることが重要です。

イメージに合うタレントがいない場合は、オーディションを開催することもあります。

STEP2 交渉~撮影日程の調整

起用したいタレントを選出したら、タレントが所属する芸能事務所との交渉になります。出演料や契約料、必要経費の確認をしておきましょう。CM撮影の日程調整やCMの契約期間についても話し合い、画像や映像に関する肖像利用についてもしっかりと確認しておいてください。

STEP3 契約

交渉がうまくいけば契約を結び、CM撮影に入ります。CMの撮影現場には、広告代理店のCMプランナーが立ち合うのが一般的です。もちろん企業側がCM撮影の見学をすることもできます。

キャスティング交渉方法は主に2つ

タレントをキャスティングする方法は主に2種類です。

基本的に企業がCMを出稿する場合は、広告代理店を通して交渉が行われます。交渉においては、広告代理店とタレントが在籍する芸能事務所との間に、キャスティング会社が入ることがあります。

もうひとつは、タレントが所属する芸能事務所と直接交渉する方法です。芸能事務所の問い合わせページやSNSから連絡や依頼をし、様々な交渉を重ねたうえで契約します。しかし企業側が直接交渉を行うケースは稀です。芸能事務所とのコネクションがなければ交渉すること自体が難しく、契約に不備があれば後々トラブルになる可能性もあります。

スムーズにCM制作を進めるためにも、キャスティングは広告代理店やキャスティング会社に依頼したほうがいいでしょう。

タレントをCMに起用してみよう

タレントを起用したCMは視聴者の目にとまりやすく、印象に残りやすくなります。ぜひタレントを起用したCM制作を検討してみてください。

なお、ナイルでは大手広告代理店と提携し、テレビCM支援を行っています。効果が出ないCMを出稿し続けることがないように、ナイルが広告代理店との交渉をお手伝いさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

 

また、テレビCMを成功させるためのポイント5選をまとめた資料もご用意しております。

  • ポイント1.商品の便益
  • ポイント2.GRPの単価
  • ポイント3.線引き
  • ポイント4.クリエイティブ
  • ポイント5.代理店交渉

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

広告代理店 テレビ局

テレビ局と広告代理店の関係は?それぞれの役割を解説

CTA(CallToAction)とは?サイト改善の鉄則とCTA設計のポイント

CTA(CallToAction)とは?サイト改善の鉄則とCTA設計のポイント

AIDMAモデルとは

新着記事

セッション

セッションとは?意外と知らない計測方法について解説

googleタグマネージャー 使い方

Googleタグマネージャーの使い方は?データ取得の方法を解説

データポータル 作成

Googleデータポータルのレポート作成方法をわかりやすく解説

サイト内検索