WordPressにGoogle Search Consoleを登録して連携させるには?

WordPressにGoogle Search Consoleを登録して連携させるには?

手軽にサイトやブログを作成できるWordPressと、検索関連のデータを取得できるGoogle Search Console。この2つを連携させることで、現状分析はもちろん、サイトの改善にも役立てることができます。

ここでは、WordPressとGoogle Search Consoleを連携する方法について解説します。

Google Search Consoleを使うメリットとは

まずは、Google Search Consoleを活用するメリットについて、確認しておきましょう。

サイトの現状を把握できる

Google Search Consoleを活用することで、サイトの現状を把握できます。「検索パフォーマンス」では、どんなキーワードで何回検索され、検索結果としてどれほど表示されたかが把握できます。さらにクリック数やクリック率、平均検索順位も表示されます。

また、「リンク」は、外部サイトからの被リンクと、サイト内でのリンクの状態を可視化できる機能です。特に被リンクは、Googleからのサイト評価が高まる大きな要素です。

分析結果をサイト改善に活かせる

Google Search Consoleを活用することで、サイト改善を進めやすくなります。まず、強化すべきキーワードとこれから狙うべき検索キーワードの参考になります。「URL検査」では、各ページがGoogleからインデックス登録されているかがわかります。インデックス登録されていなければ、そもそも検索結果に表示されません。何かしら問題がある可能性がありますので、改善を図っていきましょう。

WordPressにGoogle Search Consoleを登録する方法

WordPressにGoogle Search Consoleを登録する場合、所有権確認の仕方によって、いくつかの方法があります。ここではHTMLファイルを使う方法とメタタグを埋め込む方法、プラグインを使う方法について、それぞれの概要を説明します。

HTMLファイルを使う方法

HTMLファイルを使う方法になります。Google Search ConsoleからダウンロードしたサイトのHTMLファイルを、FTPソフトを使って、レンタルサーバーにアップロードする、という手順を踏みます。

<手順>

  1. Google Search Consoleに新規プロパティを追加します。このとき「URLプレフィックス」を選択し、「http://」または「https://」から始まる、サイトのURLを入力します。
  2. 「続行」をクリックすると所有権確認の画面に切り替わり、いくつかの確認方法が表示されます。このうち、最上部に表示されている「HTMLファイル」をクリックします。
  3. 入力したURLのHTMLファイルのダウンロードを促されますので、ダウンロードボタンをクリックします。
  4. 確認画面はそのままにして、ダウンロードしたHTMLファイルを、FTPソフトを使って、契約しているレンタルサーバーの「public_html」ディレクトリにアップロードします。
  5. アップロードが完了したら、元の所有権確認画面に戻り、「確認」ボタンをクリックします。正常に処理されれば、「所有権を確認しました」というメッセージウインドーが現れます。これで所有権の確認が完了です。

メタタグを埋め込む方法

WordPressの管理画面からヘッダーにメタタグを埋め込み、Google Search Consoleに登録する方法です。この方法では、WordPressで使用しているテーマがアップデートした場合、埋め込んだコードが消えてしまうのが難点です。子テーマに埋め込んでおくと、アップデータによるタグの消滅を回避できます。

<手順>

  1. Google Search Consoleの所有権確認の画面から、確認方法で「HTMLタグ」を選びます。
  2. 表示されたメタタグをすべてコピーします。この画面を開いたまま、WordPressの管理画面に移動します。
  3. 管理画面から「外観」>「テーマエディター」を選び、親テーマもしくは子テーマの「header.php」をクリックします。
  4. ヘッダー内の「」タグの直前に、先ほどコピーしたメタタグをペーストします。
  5. Google Search Consoleの所有権確認画面に戻り、「確認」をクリックします。問題なく処理できていれば、所有権を確認した旨のメッセージが表示されます。これで終了です。

プラグインを使う方法

WordPressにプラグインを追加して、Google Search Consoleと連携する方法です。プラグインとしては「All in One SEO Pack」や「Yoast SEO」、またGoogle公式の「Site kit」があります。それぞれインストール後の設定方法に違いがありますが、ここでは「All in One SEO Pack」を例に説明します。

<手順>

  1. Google Search Consoleの所有権確認の画面から、確認方法で「HTMLタグ」を選びます。
  2. 表示されたメタタグをすべてコピーします。この画面を開いたまま、WordPressの管理画面に移動します。
  3. WordPressの管理画面から「プラグイン」>「新規作成」をクリックします。
  4. 検索窓で「All in One SEO Pack」を検索し、表示されたら「今すぐインストール」して、有効化します。初回起動時のみ、セットアップウィザードが起動しますが、ここで「ダッシュボードに戻る」をクリックしてWordPressに戻ります。
  5. WordPressの左メニューに「All in One SEO Pack」が追加されているので、ここから「一般設定」>「ウェブマスターツール」を開きます。
  6. 画面内の「Google検索コンソール」をクリックすると「Google検証コード」の入力欄が現れますから、先ほどコピーしたメタタグをペーストし、「変更を保存」します。
  7. Google Search Consoleの所有権確認の画面に戻り、「確認」をクリックしてください。問題なく処理されていれば、「所有権を確認しました」とメッセージが表示されます。これで作業は完了です。

Google Search Consoleを活用しよう

WordPressで作成したサイトやブログを、Google Search Consoleと連携することで、分析しやすくなります。サイトの改善と訪問者の増加を目指して、Google Search Consoleを活用してください。

なお、ナイルでは、豊富な経験・データに裏付けされたコンサルティング力で、サイト改善の支援が可能です。大きく3つのステップに分けて、対応させていただきます。

  • 調査・設計:現状のヒアリングやKPIの設定、ツールの導入などを行う
  • 分析:アクセスやヒートマップの分析、ユーザー行動観察などを行う
  • 分析・試作の効果検証や定例レポーティング、継続施策の提案などを行う

段階的にサイト改善を進めていきますので、お気軽にご相談ください。

編集者情報

大澤 心咲
大澤 心咲
新卒でアクセンチュア株式会社を経て、2018年ナイル入社。
コンサルタントとして大手企業SEO戦略策定・コンテンツマーケティング支援を担当。
現在はナイルのマーケティングとセールスの統括マネージャーとして従事。
著書:「ひとりマーケター成果を出す仕事術

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

GA4の使用感に関するアンケート調査アイキャッチ

GA4(Googleアナリティクス4プロパティ)の使用感に関するアンケート調査|2022年9月実施

DSP(Demand-Side-Platform)とは

DSP(Demand-Side Platform)とは

KGI・KPIとは? 必要な考え方と進め方

【具体例あり】KGI・KPIとは?設定する際に必要な考え方や進め方を紹介

新着記事

【保存版】SEO記事の書き方を9ステップで解説!ポイントや注意点まとめ

【保存版】SEO記事の書き方を9ステップで解説!ポイントや注意点まとめ

【初心者向け】GA4のコンバージョン設定を画像付きで徹底解説

【初心者向け】GA4のコンバージョン設定を画像付きで徹底解説

製造業に効果的なSEO対策とは?ポイントや事例を紹介

製造業に効果的なSEO対策は?ポイントや事例を紹介

サイト内検索

目次に戻る

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。