ユニバーサル検索とは

SEOで使われる用語「ユニバーサル検索」について解説しています。

意味:ユニバーサル検索とは

ユニバーサル検索(Universal Search)とは、Googleが開発した、検索結果画面においてWebページ以外のコンテンツも表示する機能のことです。2007年から実装され、現在では動画、画像、ニュース、ショッピング、地図、地域情報、学術論文などが表示されています。
 
最初期はURLの表示のみであったGoogle検索エンジンは、2001年7月に始まったGoogle画像検索を皮切りに、ニュース検索、動画検索など様々な機能を追加してきました。画像検索を始めとしてユーザーが検索対象を選んで行う検索を「バーティカル検索」と呼びます。

東京タワーの検索結果

東京タワーの画像検索結果

こちらはバーティカル検索の例です。「すべて」の場合と「画像」の場合で検索結果が変わっています。
ユニバーサル検索はこうした個々の検索結果を統合し、「ユーザーのニーズにより最適な結果を表示する」ことを目的に開始されました。

ユニバーサル検索が登場した背景として「ユーザーの検索リテラシーがバーティカル検索を使いこなせるほど高くないため」という点も挙げられます。画像、ニュース、ショッピングなどの中から目的に見合った検索方法を選ぶことは大部分のユーザーにとっては困難であり、結果的に検索体験の劣化を招く恐れがあります。ユーザー数を維持し広告収入を保つためにも、Googleはユニバーサル検索の導入に踏み切ったのでしょう。

ユニバーサル検索の例

「水素水」の検索結果

「水素水」で検索したこちらの例では、Webページ以外にもニュースやショッピング検索の結果が表示されています。このような検索結果ページへの表示の評価基準として、「情報の新鮮さ」など様々な要素があることが知られています。「水素水」は昨今話題になりニュースでの登場も増加しました。これを反映してニュース記事が表示されていると言えるでしょう。

「サッカー ゴール」の検索結果

こちらは「サッカー ゴール」で検索した際の検索結果です。Googleショッピング、画像、動画が表示されています。これはこのクエリで検索するユーザーは「サッカーゴールを買いたい」「ゴールシーンの動画を観たい」というニーズを持つと検索エンジンが判断したため、こうした結果になったと考えられます。

他の検索エンジンでの動向

検索結果ページにWebページURLだけでなく画像なども含めることを一般的には「ブレンド検索」(Blended Search)と呼び、多くの検索エンジンで実装されています。MSN Live SearchはGoogleでの実装から2か月後の2007年7月に、Yahoo! は同年10月に導入しました。こうした動きは、昨今ユーザーの検索ニーズがますます多様化していく中で、より検索されるためにはWebページの表示のみでは限界があることを示していると言えるでしょう。

まとめ

クエリによって表示するコンテンツを変えるユニバーサル検索は、「ユーザーの検索ニーズに応えた結果を表示する」というGoogleの理想に関する重要な技術であると言えるでしょう。こうした状況に対応するために、SEO担当者はWebページだけでなく画像、動画など様々な点に注意を払うことが不可欠だと言えます。

関連キーワード

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×