代替テキストとは

SEOで使われる用語「代替テキスト」について解説しています。

代替テキストとは

Webサイトは文章を「読ませるサイト」だけではなく「見せるサイト」「使わせるサイト」もあるため、多くのWebサイトではテキスト、画像、動画(FLASH等)を含めてコンテンツが作られています。代替テキストはWebサイト内に含まれている画像や動画が何らかの原因で表示されなかったときや、視覚障害者などが音声ブラウザを使用するときに替わりに表示するテキストを指します。

また、Webサイトの閲覧者は画像や動画を見ることで内容を把握することができますが、検索エンジンは完璧に内容を把握することができません。そのため、代替テキストから画像や動画の内容を判断します。
コンテンツとして意味を持つ画像や動画には端的な文言で代替テキストを設置することを推奨します。

※画像ファイルの代替テキスト情報はalt属性と呼ばれます。
こちらのページもご参照ください。→alt属性とは

代替テキスト設置時の注意点

  • 装飾画像等の意味を持たないものには代替テキストを設置する必要はありません。
  • 特定のキーワードを過剰に盛り込まないようにします。
  • 画像の意図と異なる代替テキストを設置するとスパム行為と判断される可能性があります。

良い例)

赤枠の画像に沿ったalt属性を設置。
alt設置の良い例

悪い例1)

赤枠の画像の内容より過度に情報を盛り込んだalt属性を設置。
alt悪い例1

悪い例2)

赤枠の画像の内容と異なった情報を盛り込んだalt属性を設置。
alt悪い例2

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×