strongタグとは

strongタグとは

strongタグとはHTMLのタグの一種です。囲んでいるテキストが意味的に強く重要であることを示すために用います。また、ブラウザ上では該当箇所が太字で表示されます。記述方法は<strong> ~ </strong>で該当テキストを囲むだけです。

strongタグの使い方・記述方法

記述方法ですが、<strong> ~ </strong>で該当テキストを囲むだけとなります。

<strong> 強く重要であるテキスト </strong>

ブラウザ上では、強く重要であるテキストと表示されます。

strongタグのSEO効果

結論から話すと、明確なSEO上の効果があるわけではありません。ただ、ユーザーが読みやすい、重要なポイントを理解できるような文章は、検索エンジンにとっても良いコンテンツなはずなので、適度な強調を入れてユーザーの読みやすさに配慮することはやっておいて損はありません。

逆に言うと、strongタグを多用してしまうと、どこが重要なのかがわからなくなってしまい、結果としてページの質を下げることにも繋がります。重要なテキストに適切に用いることが大切です。

また、ブラウザ上で同様に太字で表示されるbタグは、SEO上strongタグと同等に扱うと2013年に公式に発表しているので、そこに関しては特に意識する必要はありません。

類似タグとの違い

類似しているタグとして、<b>タグ、<em>タグ、<mark>タグがあります。

<b>タグは囲まれているテキストをほかと区別したい際に用います。囲まれている箇所は太字で表示されます。また、意味的に重要であることや、強調する役割をもっていません。記述方法は<b> ~ </b>で該当テキストを囲むだけです。

<b> 他と区別したいテキスト </b>

ブラウザ上では、強く重要であるテキストと表示されます。

<em>タグは強勢するテキストを表す際に用います。囲まれている箇所は一般的にイタリック(斜字)で表示されます。アクセントをつけるために用いられます。記述方法は<em> ~ </em>で該当テキストを囲むだけです。

<em> アクセントをつけたいテキスト </em>

ブラウザ上では、強く重要であるテキストと表示されます。

<mark>タグはテキストをハイライトし、ユーザーが見やすいように目立たせる際に用います。囲まれている箇所は一般的に黄色でハイライトされます。重要度といった意味的な役割はありません。記述方法は<mark> ~ </mark>で該当テキストを囲むだけです。

<mark> ハイライトしたいテキスト </mark>

ブラウザ上では、 ハイライトしたいテキストと表示されます。

このように、意味的に重要なテキストにはstrongタグ、他と区別したいテキストにはbタグ、アクセントをつけたいテキストにはemタグ、ハイライトしたいテキストにはmarkタグを用いてください。また、見出しにはh要素を用いてください。なお、bタグに関しては、基本的には最終手段として考えてください。

参考:h要素とは

まとめ

strongタグは上記の通り、重要なテキストを示すタグですので、単純に太字にしたいといった場合には用いないことが推奨されます。文章の内容を考え、重要な箇所のみに適切に用いてください。

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×