セマンティック検索とは?セマンティックウェブの概念と検索結果の表示例

 

意味:セマンティック検索とは

セマンティック検索(semantic search)とは、キーワードをはじめとする入力情報に含まれる「検索ユーザの意図・目的」を検索エンジンが適切に理解し、ユーザの求めるものに即した検索結果を提供するという概念、またはそのための技術を指します。

セマンティック検索に関連する概念「セマンティックウェブ」

こうしたセマンティック検索を含む上位概念として、「セマンティックウェブ(semantic Web)」があります。W3Cのティム・バーナーズ・リーによって提唱されたこの理念は、Web上の情報流通に、背景や文脈などの情報を含めた”意味”が加わるよう、HTMLだけでなくRDFやOWLを用いてタグを加えていくというものです。構造化データはこのセマンティックウェブの実現のために開発されたものです。

現在は自然言語処理技術やAIの発展によって、意味や文脈の読み取りは、この構想とは異なるアプローチも採られていますが、現在も検索エンジンの仕様に役立てられています。

セマンティック検索の実現例

Googleなどの検索エンジンはページ上のコンテンツの意味を汲み取ることで、検索結果上で単なるテキストよりもユーザーにとって情報量の多い表示を提供しています。(参考:リッチスニペットとは

類義語の検索結果表示

「東京 飲み屋」で検索した結果
飲み屋・居酒屋ハイライト
検索キーワードに含まれない「居酒屋」というキーワードでもハイライト表示(太字で表示)されています。

「SEO とは」で検索した場合のアンサーボックスでの表示

アンサーボックスについて
アンサーボックス(画像赤枠)で、検索結果上で直接答えを知ることができます。

「安倍晋三の誕生日」で検索した場合のアンサーボックスとナレッジグラフでの表示

ナレッジグラフとアンサーボックス
「安倍晋三の誕生日」というキーワードを理解し、直接的な情報をアンサーボックスに表示するだけではなく、「安倍晋三」に関連する情報を右のナレッジグラフに表示し、検索したキーワードに関連する付加情報を受け取ることができます。

「五反田 松屋」で検索した場合のリッチスペニットでの表示

リッチスニペットとは
このようにmeta description以外の検索結果表示によって、実際にサイトに行かなくても付加情報を受け取ることができます。

まとめ

上記のような検索結果表示はよく見られますが、こうした取り組みの背景にあるのは、ユーザーの満足度を向上させるという考えです。それぞれの事例を意識していくことも重要ですが、こうした取り組みの背景にある意図を理解したうえでサイト運営を行うこともまた重要です。そうすることで、より多くのユーザーが利用しやすいサイト運営へとつながると言えます。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら