Webマーケティングの領域で語られることが多い用語「SEM」について説明しています。

SEMとは

SEM(Search Engine Marketing)とは、検索エンジンマーケティングの略語であり、検索エンジン経由でWebサイトへの来訪者を増やす、来訪者を増やして彼らから得る利益を増やすなど、検索エンジンを利用して展開されるマーケティング手法のことを指します。

SEMとSEOの違い

SEMの文脈で、しばしば「SEM=リスティング広告であり、SEOとSEMはそれぞれ違うもの」とみなしてしまうケースが少なくありません。

しかし正確にはSEMはある特定のサイトに対し、検索エンジン経由の訪問者を獲得するマーケティング手法であり、SEOとリスティング広告(検索連動型広告)はその手法の一つです。

SEMの種類、内容

SEMの手法として、SEO(検索エンジン最適化)と、リスティング広告(検索連動型広告)の2つがあります。

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」を意味する言葉で、Webサイトが検索結果でより多く露出されるために行う一連の最適化施策を総称したものです。

SEOについての詳しい説明は、こちらをご参照ください。
SEO(検索エンジン最適化)とは

リスティング広告とは

リスティング広告は、「Google」と「Yahoo! JAPAN」の2大検索エンジンがメジャープレイヤーであるサービスで、主に検索したキーワードに応じて表示される広告のことを指します。

検索キーワードに対応して広告が表示されるため、一般的に検索連動型広告と呼ばれています。
広告が表示されるだけでは広告費が発生せず、実際にユーザーがクリックすることで課金される(PPC:Pay Per Click)ことが特徴です。

リスティング広告の配信手法は他にもあり、コンテンツ向け広告などがあります。
しかし、厳密な定義をすると、SEMに含まれるのはユーザーが検索したキーワードに応じて表示される検索連動型広告のみとなります。

コンテンツ向け広告など、リスティング広告についての詳しい説明は、こちらをご参照ください
リスティング広告とは

まとめ

しばしば、「Webマーケティングは、SEMとSEOが重要だ」と語られることがあるなど、SEM、SEO、リスティング広告は混同されがちです。

実際には前述のとおり、SEMは検索エンジンを用いたWebマーケティングであり、SEOとリスティング広告(検索連動型広告)はその手法の一つです。「SEM≒リスティング広告(検索連動型広告)+SEO」と考えていただければわかりやすいと思います。

SEOとリスティングについて、どちらを優先するか迷われる方もいるかと思いますが、その際はこちらの記事をご覧ください。
[寄稿] SEO?リスティング広告?限られた予算の中で投資するならどっち?

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×