not provided とは

not providedとは

「not provided」とは、Webページを閲覧する際に、ユーザーがどのような検索ワードを使用してWebページにアクセスしたのかが不明(解析不可)であることを意味しています。

英単語を補うと、 「Search words was not provided.」=「検索ワードが(解析ツールに)供給されなかった。」 つまり、「検索ワードが不明」という意味になります。

not providedが増えた背景

現在、国内における検索エンジンのシェアは、Yahoo! および Google の2社が9割を占めていると言われており、その両社ともに、SSLという通信を暗号化する技術を採用しています。 「not provided = ユーザーが使用した検索ワードが不明」となる理由は、このSSL技術により通信が暗号化され、サイト閲覧者の通信情報を「アクセス解析ツール = 第三者」が取得できないためです。 ユーザーの検索ワードが「not provided」となるケースが増えている背景には、このSSL技術の普及が加速したことにあります。

以前は、重要なページ(企業サイトや個人情報を含む会員ページ)のみに採用されることが一般的だったSSL技術ですが、現在Googleでは「SSL技術が採用されていないWebページには、ユーザーがアクセスした際に警告文を表示する」などの対応がとられるようになりました。 また、「 “SSL技術を採用しているかどうか“ が検索順位の決定要素に考慮される」など、Webサイトを運営する上でも重要な要素となっています。

参考:SSL証明書(SSL化)とは

not providedになったキーワードを確認する方法

Google Analyticsで「not provided」となってしまう検索ワードについて、「どういった検索ワードを使ってWebページに “アクセスされたか“ 」ということは調べることができません。 しかし、Googleが提供しているツール「Google Search Console」を利用すれば、「Webページがどのような検索ワードが使用された時に “検索結果として表示されているか” 」を調べることはできます。 ただし、このツールで調査できる検索ワードはGoogleからの検索によるもののみとなっています。

「Google Search Console」を使用して、上記を確認する手順

①Google Search Console にログイン
②画面左側の検索パフォーマンスを選択
③画面最上部にある「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」の中から、検索ワードに対して知りたい内容にチェックを入れる。
④③と同じ画面上部にある「クエリ」を選択
同画面をスクロールしていくと、それぞれの検索ワードに対する統計データを確認することができます。

サーチコンソール上でのクエリの見つけ方

まとめ

以上、Google analyticsに表示される「not provided」の意味と「not provided」となっている検索ワードを知る方法をご紹介いたしました。

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×