meta robotsとは

meta robotsとは

meta robotsは、ウェブページの情報を記述するmetaタグの用法の一つです。metaタグのname属性とcontent属性を指定することで、特定の検索エンジンのクローラを指定し、その動作を制御することができます。記述位置はHTMLソースのheadタグ内です。

meta robotsの役割

meta robotsを記述しない場合、検索エンジンのクローラの動作を全て許可することになります。つまり、contentにindexとfollowを記述した状態と同一です。

<head>

<meta name=”robots” content=”index,follow”>

</head>

※全てのクローラに対して、インデックスとリンク巡回を許可(初期状態)

特定の検索エンジンが使役するクローラの動作を制御したい場合、name属性に検索エンジンを、content属性にクローラの動作を指定します。

meta robotsの種類

content属性に指定可能なディレクティブにはnoindex、nofollow、noarchiveがあります。

noindexは、ウェブページをインデックスさせないようにするディレクティブです。検索エンジンの検索結果に表示させたくない場合に使用します。

例)Googleのクローラに対して、インデックスを許可しない

<head>

<meta name=”googlebot” content=”noindex”>

</head>

nofollowは、ウェブページのリンク先にアクセスさせないようにするディレクティブです。リンク先のウェブページをキャッシュさせたくない場合などに使用します。

例)Googleのクローラに対して、リンク先へのアクセスを許可しない

<head>

<meta name=”googlebot” content=”nofollow”>

</head>

noarchiveはウェブページをキャッシュさせないようにするディレクティブです。キャッシュページにはアクセスさせたくない場合などに使用します。

例)Googleのクローラに対して、ウェブページのキャッシュを許可しない

<head>

<meta name=”googlebot” content=”noarchive”>

</head>

まとめ

meta robotsにより、クローラの動作を制御し、ウェブサイトの検索結果への反映などを調整可能になります。meta robotsを記述しない場合、全ての検索エンジンのクローラに対し、インデックスやキャッシュなどの動作を許可します。

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×