リスティング広告とは

SEOと併用されることの多い用語 「リスティング広告」 について解説しています。

リスティング広告とは

多くの場合、リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに応じて検索結果上に表示される広告を指して使われています。この広告は、広告が検索されたキーワードに連動して表示されるため、検索連動型広告とも呼ばれます。

広告が表示されるだけでは広告費が発生せず、実際にユーザーがクリックするごとに課金される(PPC:Pay Per Click)のがその特徴です。日本における主なプラットフォームは、Googleが提供する「Google AdWords」とYahoo!が提供する「Yahoo!プロモーション広告」です。

「リスティング広告」と検索したときに実際に表示されるリスティング広告の例

リスティング広告には本来「コンテンツ向け広告」も含まれる

しかし、リスティング広告は本来は「コンテンツ向け広告」も含みます。コンテンツ向け広告とは、配信先のコンテンツのテーマやユーザーの属性などに合わせて表示される広告のことです。特定のページを閲覧したユーザーを追跡して広告を表示させる「リターゲティング広告」もここに含みます。

「リスティング広告」に関するQ&Aに関連して表示されるコンテンツ連動型広告

検索連動型広告と異なり、バナーなどの画像訴求ができることも特徴の1つです。

リスティング広告の特徴

※ここからは、主に検索連動型広告について解説します。

メリット

    • すぐに露出開始できる

Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告の審査を通過すればすぐに始めることができ、比較的早く成果に結びつけることが可能です。そのため、仮説の検証も素早く行うことができます。

    • 希望するユーザー層にターゲティングできる

キーワードをもとにターゲットを絞ることで、自社のサービスに対して興味・関心の高いユーザーに絞り込んで広告を出稿することが可能です。

    • クリック課金である

掲載した広告がクリックされない限り広告費がかからないため、予算や目標に合わせてユーザーをサイトに誘導することが可能です。また、クリック単価が明確で費用対効果が見えやすいため、アクセス解析などの効果検証もしやすいです。

デメリット

    • 限られた予算内では運用幅が限定される

少額からでも回せるのがメリットと言えますが、やはり予算が大きい方が運用に幅を持たせられます。また、特定の商材ではクリック単価が非常に高騰しており、それ相応の資金がなければ表示すらされないという可能性もあります。

    • 運用コストがかかる

これはデメリットではありませんが、当然ながら、リスティング広告を運用し続ける限りその運用にはコストがかかります。代理店に運用を依頼する場合は運用フィーや折衝コストが、自社で運用する場合にも運用担当者のコストが発生します。

参考

SEOとリスティング広告は比較されることも多く、どちらに優先して取り組むか悩ましい部分もあるかと思います。迷った際には合わせてこちらの記事もご覧ください。
[寄稿] SEO?リスティング広告?限られた予算の中で投資するならどっち?

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×