リンクビルディングとは

SEOにおいて重要な被リンクの確保(リンクビルディング)について解説するページです。

リンクビルディングについて

リンクビルディングとは、インターネット上にある他サイトから自サイトに対してリンクを受けることです。(※リンクを受ける=被リンク)

SEOを実施する際、他サイトから多くのリンクを受けることは、検索エンジンから評価を得るための有効な手段のひとつとなるため、どのようにして被リンクを得るかが課題となります。

被リンクの重要性については、以下のエントリーをご覧ください。
外部対策(被リンク対策)がSEOにとって重要な理由

リンクビルディングには大きく分けて「リンクの調達」と「リンクの自然獲得」の二種類があります。

リンクの調達

多数のサイトとの相互リンクや、ディレクトリへの登録など、確実に被リンクを得られる手段です。

かつては被リンクによる検索順位の手っ取り早い上昇を期待して、リンクの調達が行われてきました。SEO効果を謳うディレクトリサービスへの登録や、システムを利用して組織的に人工リンクを獲得するリンクファームなど、さまざまな手法がありました。

しかしこれらの行為はGoogleの追求する「より質の高いサイトを上位に表示する」という目標に反する行為にあたります。このような、質の低いリンクを受けている場合、作為的に被リンクを獲得していると見なされて、検索エンジンからの評価を著しく損なうおそれがあります。

Googleのアルゴリズムはこれらの作為的なリンクを、年々より正確に見分けられるようになっており、順位下降やインデックス削除などのペナルティの対象となるリスクが高まっています。

リンクの自然獲得

人工リンクの調達による順位向上が困難な現在、SEOで被リンクを獲得する場合は、自サイト内にリンクをしたくなるようなコンテンツを作成して、自然発生的なリンクを獲得する必要性が高まっています。つまり真っ当な(Googleのガイドラインに沿った)SEOを実施し、良質な被リンクを獲得する必要があります。

ユーザーの課題を解決しうる、良質なコンテンツであれば、ブログやSNSを活用して拡散することによって、多くの良質な被リンクを取得すること可能です。

また、質の高いコンテンツを他のオーソリティサイトに寄稿する(ゲストポスト)、記事を配信することでリンクを得る(シンジケート)などによって、能動的なリンクビルディングを図ることも可能です。

まとめ

現在は、人工的・作為的なリンクの調達は非常にリスキーであり、ペナルティを受けるリスクが高いものとなっています。そのためユーザーにとって価値の高いコンテンツの作成、その拡散などによる、自然な形でのリンクの獲得がSEOにおいて重要になっています。

この二者の違いについては、「ブラックハットSEO」と「ホワイトハットSEO」という形でも区別されております。詳細は以下の記事をご覧ください。
ブラックハットSEOとホワイトハットSEO

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×