隠しテキスト/隠しリンクとは

SEOで使われる用語「隠しテキスト」と「隠しリンク」について解説しています。

隠しテキスト/隠しリンクとは

「隠しテキスト」と「隠しリンク」は検索エンジンスパムの一種です。

多くの場合、ユーザーがブラウザでサイトを閲覧したときには表示されない(見えないようにしている)が、検索エンジンにだけ認識されるように文字やリンクを隠して設置し、検索結果のランキングを操作する行為を指します。
(検索エンジンはHTMLソース自体を読むのでソース内に記述されていれば把握してしまいます)

隠しテキストの手法

どのような場合に「隠しテキスト」「隠しリンク」と見なされるか、Googleのウェブマスター向けガイドラインを参考にご紹介します。

参考:ウェブマスター向けガイドライン「隠しテキストと隠しリンク

CSSを用いた画面外への表示

一部のテキストをCSSのtext-indentプロパティを利用してブラウザでの閲覧時には表示されないようにし、検索エンジンにはすべてのテキストを把握させる手法。

—CSSの設定—  text-indent: -9999px

CSSを用いて、ブラウザ外に表示する隠しテキスト

背景色と文字色の同一化

背景色とテキスト色を同一にしてブラウザで閲覧したユーザーは気が付けないが、検索エンジンにはすべてのテキストを把握させる手法。

—設定— color: #ffffff; background-color: #ffffff
上記の説明⇒文字色:白,背景色:白

※下図はイメージのため、テキスト部分が見えるようにしています。

背景色と文字色を一緒にして、ユーザーからは見えないようにする隠しテキスト

フォントサイズの縮小

テキストのフォントサイズを小さくする、又はフォントサイズを0にしてブラウザで閲覧したユーザーは気付けないが、検索エンジンにはすべてのテキストを把握させる手法。

—設定— CSS設定例 font-size: 1px

フォントを小さくして、ユーザーからは見えにくくする隠しテキスト

画像でテキストを隠す

CSSで画像とテキストを重ねる際、画像の背後に画像に記載されているテキスト情報とは異なるテキストを設置したり、背後のテキストをサイトのコンテンツと異なるキーワードにしてユーザーと検索エンジンに異なるコンテンツを認識させる手法。

画像の背後に画像とは関係の無い文章を記載する隠しテキスト

アンカーテキストの縮小

一文字だけフォントサイズを小さくし、隠しリンクを設置して検索エンジンにリンク先を認識させる手法。

—設定— CSS設定例 font-size: 1px

1文字のアンカーテキストを用いたリンク

まとめ

今回紹介した隠しテキストや隠しリンクは一例です。

基本的には、検索エンジンだけに分かるようにして、検索順位をごまかそうとするテキストやリンクは、隠しテキスト・隠しリンクとしてみなされる可能性があるとお考え下さい。

また、サイトのデザインを重視し過ぎて、故意に隠しテキストや隠しリンクに該当するソースを設置していなくてもスパム判定を受けてしまう可能性はありますので、検索エンジンがHTMLソースから把握する情報とユーザーがブラウザを通して把握する情報に大きな差異が無いよう注意が必要です。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。