Googleしごと検索(Google for Jobs) とは

Googleしごと検索とは

Googleしごと検索とは求人情報ページに構造化データを用いることで、求人情報を検索結果上にエンリッチリザルトの形式で表示させる機能を指します。検索結果の上部に表示されるので、ユーザーに注目されやすく、以前よりも多くの応募者を集めることにつながります。

日本では2019年1月23日(水)に正式にリリースされました。

参考:エンリッチリザルトとは(Google公式ページ)

Googleしごと検索の特徴

ユーザーの目に止まりやすい

Googleしごと検索は検索結果の上部に表示されるので、通常の検索結果よりもユーザーの目に止まりやすいと言えるでしょう。しかし、検索結果上で表示される求人は3つですので、必ずしも検索結果上に表示されるわけではありません。

例:「アルバイト」での検索結果

Googleしごと検索-アルバイトでの検索結果-PC Googleしごと検索-アルバイトでの検索結果-SP

様々な条件での絞り込みができる

業種や地域、投稿日、会社名などで求人情報を絞り込むことができます

例:地域での絞り込み画面

Googleしごと検索-地域での絞り込み結果

米国で公開されているGoogleしごと検索では役職でも絞り込むことができます。

Googleしごと検索-米国では役職などでも絞り込みができます

求人情報を保存できる

Googleしごと検索の求人情報は保存することができます。その保存結果はGoogleのアカウントに紐づくので、電車の中でスマートフォンで探して、家のパソコンでゆっくり比較するといったこともスムーズにできます。

例:保存した求人画面

Google for Jobs-求人情報は保存することができます

求人情報のアラート

アラートの通知をオンにすると、新しく追加された、検索内容に一致する求人情報のダイジェストをメールで受け取れるようになります。複数のキーワードを管理できる他、受け取る頻度に関しても調整できます。

アラート管理画面

Google for Jobs-アラート管理画面

Googleしごと検索に求人を表示させる方法

Googleしごと検索に求人を表示させるためには、求人情報に構造化データをマークアップする必要があります。検索エンジンがその構造化データを読み取ることで、ページが求人ページであることを理解し、各情報を読み取り、表示させているのです。

しかし、構造化データ全体に言えることなのですが、「マークアップしたからといって必ずしも反映されない」ということがあります。そのためテストツールなどを駆使し、検索エンジンが構造化データを読み取れるかどうかを確認しましょう。

さて、その構造化データの記述方法につきましてはこちらの記事を参考にしてください。
参考:「構造化データ」がよく分かる!初心者向け徹底解説

またマークアップに必要な構造化データのプロパティは公式サイトを参考にしてください。(必須と書かれているものだけでなく、推奨のものも記述することでユーザーの絞り込みなどにも適切に対応できるようになります。)
参考:求人情報の構造化データについて

まとめ

Googleしごと検索は検索結果に求人情報を表示させることができる機能で、検索エンジンは構造化データを用いて求人情報を読み取り、表示させています。
検索結果の前に位置していることからユーザーの目に止まりやすく、求人情報の絞り込みや保存、アラートを受け取ることができます。

関連記事

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×