アドワーズ(Google Adwords)とは

広告運用やSEOで使われる用語「アドワーズ(Google Adwords)」について説明しています。

意味:アドワーズ(Google Adwords)とは

アドワーズ(Google Adwords)とはGoogleが提供する広告管理・運用サービスです。Google検索の結果画面や、Googleが保有する広告ネットワークへのリスティング広告等の出稿が可能です。

広告管理サービスの競合にはYahoo! やBingの検索結果画面への出稿ができるYahoo! プロモーション広告などが存在します。こうした競合に対し、アドワーズは世界一ユーザーの多いGoogle検索エンジンに出稿ができるという点で優位性があります。

参考:リスティング広告とは

アドワーズのメリット

出稿先が豊富なこと

Google Adwordsの出稿先となる媒体は検索ネットワーク、Googleディスプレイネットワーク、ショッピング広告、動画の4点で、Yahoo! プロモーション広告など他の管理サイトよりも多いことが特徴であると言えます。

 

検索ネットワーク

検索ネットワークとは検索結果に連動して現れる広告で、いわゆるリスティング広告と呼ばれるものです。広告がクリックされた回数×クリック単価(CPC)で費用が決定するクリック課金型のモデルとなっています。

 

Googleディスプレイネットワーク

GoogleディスプレイネットワークはGmailなどGoogleのサービスや、るるぶ、ジョルダンなどGoogleが提携するサイトにテキストや画像で広告を出稿できるサービスです。こちらもクリック課金型となっています。特徴として広告を配信するユーザーの選定機能に優れ、ターゲティングが行いやすいということが挙げられます。自社サイトを訪れたユーザーのみに配信したり、年齢、性別といったデモグラフィックな情報に基づいて提示したりなど、狙っているユーザーに効果的に広告を見せることができます。

 

ショッピング広告

ショッピング広告は、検索結果ページに商品リストの形で広告を出稿できるサービスです。こちらもクリック課金型ですが、商品名の指名検索に対して配信されるので、購入へのコンバージョン率が高く、クリック単価も安く抑えることができます。

 

動画

動画はYoutubeなどの動画サイトに動画広告を配信できる機能です。性別、年代、居住地、時間など細かくセグメント分けをすることができ、ターゲティングに適した広告方法であると言えます。課金方式はクリック課金型です。

 

キーワードプランナーの利用

キーワードプランナーはアドワーズの機能の1つで、キーワードの月間検索ボリュームやリスティング広告における競合は多いか、ということを知ることのできるツールです。

「五反田」は月間33100回検索され、競合性は低く、入札単価は160円が推奨です。

出稿したいキーワードを検索すると、この場合平均して月間に33100回検索されていること、このキーワードを対象に広告を出稿しているサイトは少なく競合性は低いこと、出稿する場合の入札単価(1クリックあたりの設定価格)として160円が推奨されていることがわかります。

このように出稿を検討する際に、どのキーワードがどれほど検索されていて単価をいくらにするべきか、ということを知りたい場合に活用できます。

また広告管理ツールとしての使い方だけではなく、SEO担当者がSEO対策をする際にキーワードの検索回数を知りたい場合などにも活用されています。

キーワードプランナーは広告を出稿していなくてもGoogleアカウントさえあれば無料で利用可能であるため、非常に便利と言えます。

※キーワードプランナーについては以下の記事もご覧ください。
キーワード選定方法と利用すべき無料ツールやデータ

アドワーズの使い方

アカウントの作成

アドワーズはGoogleアカウントを用いて、アドワーズ用のアカウントを作成しなければ利用できません。
https://www.google.co.jp/adwords/ にアクセス

アドワーズのトップページ
「今すぐ開始」から無料でアカウントを作成できます。

キャンペーンの作成

ログインしたら、キャンペーンを作成します。

アドワーズのキャンペーンはここから作成します

「キャンペーン」タブから「最初のキャンペーンを作成」を選び、

検索ネットワークへの出稿を選択

予算を選択

出稿先や対象言語、出稿期間、予算などを選択します。

広告を作成

キャンペーンが作成できたら、次は広告を作成します。
アドわーズでの広告出稿の際の広告文とURLの入力

ここから見出し、広告文、表示URLを入力します。右側で表示プレビューを見ることができます。

広告キーワードの選択

最後に、広告を表示する検索キーワードを設定します。上図のように広告内容に合わせて表示されるレコメンドから選択するか、キーワードプランナーで探して設定することも可能です。

以上の操作が完了すれば、広告が出稿されます。

まとめ

日本国内でもGoogleでの検索数がYahoo!をまもなく抜くと言われる中、Google検索結果画面を始め様々なサイトに広告を出稿できるアドワーズの重要性は増々向上していくと考えられます。

またサイト制作者だけでなくSEO担当者にも必須ツールとなりつつあり、今後の展開に注視していく必要があるでしょう。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×