広告掲載時の重要な指標の一つであるCPC(クリック単価)について解説します。

CPCとは

CPC(Cost Per Click)とはクリック課金型広告の効果をはかる評価指標で、クリック1回あたりの料金のことです。「クリック単価」とも呼ばれます。通常、Webページに掲載した広告(例えばリスティング広告)がクリックされ、広告主のサイトに訪問者が訪れると、広告主に課金されます。広告の種類・掲載場所は多様にありますが、CPCは効率的にお客様をサイトに連れてくる方法を見極める重要な指標の一つです。

CPCは「かかった広告費÷その広告で獲得したクリック数」で求めることができます。例えば、10万円の広告費で2万クリック獲得した場合のCPCは5円となります。

CPCの決定基準

リスティング広告では、CPCは検索回数と競合性のバランスによって決定されており、キーワードによってCPCは大きく上下します。例外もありますが、CPCが高いキーワードには以下のようなものがあります。

  • ビックキーワードと呼ばれる検索回数が多いキーワード
  • 競合性が高いキーワード
  • 成約時に収益性が高いキーワード(「美容整形」や「キャッシング」など)

検索回数は多いが競合性が低いキーワードは、CPCが低いとしても高い効果が期待できます。

上限CPCとは

リスティング広告では、CPCはオークション形式の入札で決まるため、1クリックあたりに支払う金額の上限を設定することができます。上限CPCを高く設定することで、広告掲載時は表示回数を増やす、上位に表示するなどの点で有利になります。しかし、その後の広告のクリック回数や客観的評価などで広告の扱いは変化します。また、上限CPCはあくまで「上限」なので、実際に支払う額はそれよりも低くなります。

効果的なCPCの考え方

広告を掲載する目的によって、CPCの捉え方を変えることが必要です。例えば、商品やサービスの認知が目的の場合は、CPCを安くして多くの人をサイトに呼ぶことが重要です。他方で、売上を上げることが目的の場合、クリック数よりもコンバージョン(CV)が重視されます。CPCはどの広告からクリックをどれだけ効率よく獲得できているのか比較できますが、多くのインターネットビジネスではクリック数=コンバージョンではありません。たくさんクリックを獲得しても、ターゲット像が違うなどの理由で実際にはコンバージョンに繋がらなくては広告を掲載する意味がありません。広告の目的を明確にし、正しくCPCを捉えることが重要です。

まとめ

CPCとはクリック課金型の広告効果をはかる評価指標で、クリック1回あたりの料金のことを指し、クリック単価とも呼ばれます。

安いCPCは魅力的に見えますが、CPCだけでなくCPAなど他の指標も考慮し、安さを犠牲にしても適切な施策を考えることが必要です。

関連記事

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。