SEOやWebマーケティングで使われる用語「CPA」について解説しています。

CPAとは

CPA(Cost Per Action/Cost Per Acquisition)とは、コンバージョン(CV)1件あたりにかかった広告費用を示す値です。

参考:コンバージョン(CV)とは

計算方法は、「CPA=広告費用÷コンバージョン数」で求めることができます。 例えば、1000件のCVを達成するのに10万円の広告費用がかかった場合のCPAは100円となります。 CPAが高い、つまり1コンバージョンの獲得に費用が掛かりすぎている場合は広告費用の見直しが必要になるかもしれません。

CPAの重要性

CPAが上がると利益が圧迫され、CPAが下がると利益が増加します。つまり、広告運用を通じて利益につなげようとする場合、CPAは非常に重要な指標となるのです。そのため、広告運用はこの指標に基づいて行う必要があります。

CPAを考える際の注意点

CPAが下がると利益は上がりますが、そこだけに気を取られることは危険です。例えば、CPAを小さくするために広告費用を削った結果、その広告からの流入が減り、CVが減少してしまうといった事態が想定されます。こうした結果的に利益の減少につながってしまう本末転倒な事態を回避するには、CPAを正しく評価し、ある程度の許容範囲を定めその範囲内で広告を運用するのが重要になるでしょう。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×