AIDMAモデルとは

AIDMA(アイドマ)とは

AIDMAとは、ユーザーが商品やサービスを知って購入に至るまでの心理的なステップを体系化したモデルのことです。心理的なステップは、Attention(注意)・Interest(関心)・Desire(欲求)・Memory(記憶)・Action(行動)の5段階に分けられ、それぞれの頭文字を並べてAIDMAと呼ばれています。

AIDMAが必要になるのは、マーケティング施策を検討・実行するとき。ユーザーの心理的状態を理解して、それに応じたアプローチを打つのに役立ちます。

AIDMAの5つのステップと3つのプロセス

AIDMAでは、ユーザーの心理的状態とそれに応じたコミュニケーション課題を5つのステップに分類。さらに、5つのステップは「認知」「感情」「行動」の3つのプロセスに振り分けることができます。

AIDMAフロー

 

ユーザーのいるフェーズによって打つべき施策は異なる

ユーザーの心理的状態がどのステップにあるかによって、打つべきマーケティング施策は異なります。例えば、商品の存在をまだ知らない人に購入機会を提供しても反応が良いはずはありませんし、逆に購入機会を必要としている人に商品の説明をイチから始めても煩わしいと感じるかもしれません。

ユーザーが5つのステップのうちどの段階にいるのか、まず把握することが重要です。その上で、「次のステップ」に進めるためのコミュニケーションを考えて実行していきましょう。

インターネット時代に適した別のモデルがある?

AIDMAは100年以上前に考えられたモデルなので、現在の購入プロセスとは多少異なる点もあります。例えば、何か商品やサービスを検討するとき、今では多くの人がGoogleやYahoo!などで検索して情報を集めますし、SNSで共有された情報から商品の購入に至るケースも少なくありません。

このような時代にあったモデルとして、「検索」や「情報共有」などのステップが組み込まれた「AISAS(アイサス)」や「ULSSAS(ウルサス)」があります。

▽AISAS

Attention(注意)→ Interest(関心) →Search(検索) →Action(購買)→ Share(情報共有)

▽ULSSAS

UGC(広告・投稿)→Like(いいね!)→Search(ソーシャルメディアでの検索)→Search(検索エンジンでの検索)→Action(購買)→Spread(拡散)

時代に合わせてAIDMAは進化してきた

どのモデルがもっとも優れているというよりは、AISASもULSSASもAIDMAモデルが発展してきたもので、時代の流れに合わせて進化してきたと考えるのがいいでしょう。中にはAISASやULSSASは行動プロセスで、心理プロセスはあくまでもAIDMAだという人もいます。

いずれにしても大事なのは、購入までのプロセスのうちユーザーがどのステップにいるのか、どのような状態なのかを把握すること、そのうえで次のステップへ進めるために必要なコミュニケーションをとっていくことに他なりません。

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら