短縮URLでのリンクはSEO効果があるのでしょうか?

Twitterなどで見られる、短縮URLによるリンクをGoogleがどのように評価しているのかについて、SEO上の観点から解説します。

基本的には、通常のリンクと同様に扱われます

短縮URLでのリンクであっても、基本的には通常のリンクと同様に扱われます。そのため「ユーザーに短縮URLを使わせないようにする」などといったことを考える必要はありません。

理由としては、コンテンツの価値を判断するのに、貼られているリンクが短縮URLを用いたものか否か、という点は本質的な評価要素となり得ないためです。

※「リンクってなんで大事なの?」という方はまずは以下を読んでいただくと良いと思います。
外部対策(被リンク対策)がSEOにとって重要な理由
ページランクとは

これらのことから、短縮URLでのリンクも、Googleは通常のリンクと同様に評価”したい”と考えており、実際そのようにしていると考えて問題ありません。

リンク元の評価が反映されない場合もある

Googleとしては「短縮URLであっても、通常と同様に評価したい」と考えていても、実際にはリンク元が受けている評価が、リンク先に引き継がれない場合があります。

301リダイレクトが行われていない場合

こちらを説明する前に、一度URL短縮サービスの基本的な仕組みについて説明します。

URL短縮サービスで、ユーザーがhttp://hogehoge.jp/index.htmlというURLを短縮して、http://piyo.hg/abcというURLが出力されました。このURLをリンクとして貼ったとします。

ここでURL短縮サービス側で2つのURLが紐付けされており、「http://piyo.hg/abc」にアクセスすると、「http://hogehoge.jp/index.htmlに転送する」という処理が行われます。

しかし、一部のサービスでは自動的な301リダイレクトが行われず、以下の例のようなクッションページを経由せざるを得ない場合があります。

クッションページの例:http://nsfw.in/vhi
(「NSWF」というURL短縮サービスで、https://www.seohacks.net/を短縮した場合。)

この場合、本来のリンク元のページが持っていた評価が、リンク先に正しく引き継がれない可能性があります。(あくまで可能性です。Googleがこのような事情を理解して、自動的に評価を調整してくれているかもしれないからです。)

とはいえ、現在日本で使われている主要なURL短縮サービス(bitlyTinyURL.comp.tlGoogle URL shortenerなど)は、ほぼ全て(デフォルトの設定では)クッションページを挟まず、301リダイレクトで転送が行われており、問題ありません。

リンクにnofollow属性が付与される場合(Twitterなど)

短縮URLがもっともよく使われるのは、投稿に140文字の制限があるTwitterですが、そもそもTwitterからの発リンクには全てnofollow属性が付与されているため、リンクの評価が受け渡されません。

ちなみに、多くの国内ユーザーに利用されているFacebookについては、同様に外部サイトへのリンクにnofollow属性付与されていますが、それ以前にニュースフィードに流れる情報をGoogleがクロールして取得することができません(ログインしていることが前提で閲覧可能ですがGoogleのクローラーはログインしません)。したがってFacebookのニュースフィードでいいね!やシェアを獲得していても、直接的に検索エンジンの評価につながることは現時点ではありません。

これだけを見るとTwitter上のリンクはSEO上で何の効果も及ぼさないように見えますが、ソーシャルメディア上での有効な露出が増えることは、間接的には一般的な自然リンク獲得の可能性を高めることにもつながり、SEOにとって無価値というわけでは決してありません。(そもそもSEOはあくまでサイトへの流入拡大方策の一環です。TwitterやFacebookからのリンクはSEOとは別に評価するべきでしょう。)

ソーシャルメディアからのリンクに関する詳細については、以下のエントリーをご覧ください。
Facebookにリンクを設置したり、いいねを集めたりすることはSEO上の効果がありますか?

まとめ

  • 短縮URLでのリンクだったとしても、301リダイレクトされていれば問題なし。
  • 大半のURL短縮サービスは問題ない。一部のクッションページがあるもの使用率高くないから気にしても仕方ない。
  • Twitterのようにリンクにnofollow属性が付与されていればページランク引き継ぎの対象にはならないが、流入に貢献しているため、それが価値がないということにはならない。


◎SEO戦略設計・運用コンサルティング
ナイルのSEOコンサルティングは戦略立案~運用改善~コンテンツ制作まで、コンサルタント・編集者がお客様に伴走し、全体を通して支援します。

ビジネスの成果に繋がるSEO450

経営直下のプロジェクトでSEO改善、昨対比売上71%増を実現した事例《株式会社鎌倉新書》

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

BtoB向けサービスサイトへの自然検索流入を40倍にした事例《ちきゅう株式会社》

SEO事例一覧へ


Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×