Facebookにリンクを設置したり、いいねを集めたりすることはSEO上の効果がありますか?

Facebook上でシェアされたり、いいねを集めるたりすることには、直接的なSEO上の効果は期待できませんが、ソーシャルメディア上での有効な露出が増えることは、間接的には自然リンク獲得にもつながりSEOに貢献します。

SEOへの直接的な影響はない

なぜかといえば、GoogleはFacebookの各種詳細データにアクセスする権限を持っていないため、そもそもニュースフィードに流れる情報を取得することができません。ですのでGoogleは誰がどんなリンクをシェアしているだとか、どれだけいいねが集まっているだとかという情報を取得できないのです。

またFacebookからのリンクには全てnofollowが設定されており、リンク評価を受け渡さない設定となっています。更にFacebookのrobots.txtにはDisallowが設定されていてほとんどのページを検索エンジンがクロールできない設定となっています。

つまりFacebookにリンクを設置したり、いいねを集めたりしても直接的なSEO上の効果は一切得られないということです。

FacebookによるSEO効果があるように感じるのはなぜ?

上述した通りFacebookによるSEO上の直接的な効果はありません。しかしFacebookにリンクを設置したり、いいねが集まったらSEO上の効果が得られたと感じることがあります。

ではなぜそのような効果が得られるのでしょうか?その理由について以下で説明します。

Facebook上で話題になりアクセス数が増加する

Facebookにリンクを設置し、シェアやいいねにより拡散することでリンク先にユーザーが訪れる可能性が高まります。
シェアやいいねを多く集めれば集めるほどユーザーへの露出頻度は高まるため、それだけ訪れるユーザー数が増えると
いうことです。

単純にFacebook上にリンクを設置しただけではユーザーのアクセス数が増えるわけではなくユーザーにとって有益な情報を発信する必要があります。

アクセスするユーザー数が増加し自然リンクが増加する

Facebookからアクセスが増加することで、訪れたユーザーがはてなブックマークに登録したり、個人のブログで紹介したりすることで自然リンクを獲得することができます。

自然リンクを獲得することはSEOを考える上で効果的な施策です。またアクセス数の多いブログで取り上げられれば、それだけそのリンクの露出回数は増加し、またそこからアクセスするユーザーも増加する可能性があります。

そしてそのユーザーがFacebookで拡散したり、ブログで紹介したりすることでアクセス数の増加や自然リンク獲得する可能性が高まります。

このようにFacebookで拡散→アクセス数の増加→自然リンクの獲得→Facebookで拡散→、、というようなサイクルで間接的にSEO上の効果を得ることはできます。従って、Facebookで拡散されるような有益なコンテンツを作成することが、結局はそれがSEOの成果につながるということになります。
Facebookによる間接なSEOの効果を得るサイクル

まとめ

  • FacebookによるSEOの直接的な効果はない
  • Facebook上で拡散されることで単純に露出が増加する
  • 露出が増加することで自然リンクを獲得する機会が増える
  • 有益な情報を提供できなければ間接的な効果は得られない

関連キーワード

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×