著作権違反のコンテンツコピーサイトを検索結果から消す方法

コンテンツを無許可でコピーする著作権違反のサイト(スクレイピングサイト・スクレイパーサイト)から自身のコンテンツを守る方法について解説しています。

コピーサイトとは

コピーサイトとはスクレイピングサイト・スクレイパーサイトとも呼ばれ、コンテンツを許可なく複製し掲載するサイトのことを言います。

せっかく労力をかけて作成したコンテンツをコピーされてしまい、さらにコピー先コンテンツの方が上位に表示されてしまう状況は是非とも避けたい事態です。

コピーコンテンツを発見したときの対処法や、自身のコンテンツがオリジナルであると主張する方法について解説してみます。

Googleがオリジナルを見分ける方法

まずGoogleはどのようにコンテンツがオリジナルであると判断するのでしょうか。

アメリカGoogleサーチクオリティチームのMatt Cutts氏は、以下に挙げる要素をコピーコンテンツとオリジナルコンテンツを見分ける判断基準にしていると述べています。

  • どちらが先にそのコンテンツをインターネット上に公開したか
  • コンテンツが掲載されているサイトのPage Rankはどちらの方が高いか
  • rel=”canonical”タグやrel=”author”タグ
  • サイトレベルシグナル(スクレイパー風の見た目のサイトかどうか)

参考:How does Google determine the canonical source for a piece of content?-Youtube

コピーサイトから自身のコンテンツを守る方法

Googleに対して、自身のコンテンツがオリジナルであるとアピールするためには、以下のような方法があります。

PubSubHubbubを利用する

PubSubHubbubは、コンテンツが更新されたことをHubと呼ばれるサーバーを経由して、Googleに対してコンテンツの更新情報を伝えることが出来るツールです。

先ほどお伝えしたとおり、先に公開したコンテンツの方をオリジナルであると評価する可能性が高いため、いち早くGoogle側に更新情報を伝えることは重要であると言えます。

デジタル ミレニアム著作権法に基づく申請

Googleは、アメリカが定めるデジタルコンテンツの不正コピーからオリジナルコンテンツを守る法律であるデジタル ミレニアム著作権法(DMCA)に基づいて、著作権を侵害しているページを申請するフォームを作成しています。

このフォームから申請することにより、Google側にコピーコンテンツの存在を知らしめることが出来ます。申請を受け取ったGoogleは以下のように対応するとしています。

Google による対応としては、権利侵害行為の対象であるとの申し立てを受けた著作物を削除するかアクセス不可能にする、登録ユーザーへのサービスを停止するなどがあります。

不正にコピーされたコンテンツを発見した場合は、申請すると良いでしょう。

サイトの集客・SEOでお悩みはありませんか?

ナイルのSEOは細かい技術的な改善だけでなく、ユーザー調査やコンテンツ制作を含めた「ビジネスの成果」に繋がるSEO戦略と改善施策を提案します。

ナイルのSEO戦略設計・運用コンサルティング

SEO戦略立案・運用改善からコンテンツ制作までお客様のSEO課題をトータルで支援いたします。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×